僕が今まで実践してきた集客ノウハウPDFを無料プレゼント中です(100ページ超え)詳細はこちらをクリックッ(準備中・・・)

WordPressのお問い合わせフォームプラグイン!Ninja Formsが使いやすくてオススメ

どうも~こんにちは、サケです。

WordPressをビジネスに活用したいと考えた時、必要になってくるのが「お問い合わせフォーム」

お問い合わせや申し込みがないと、読者さんやお客さんからの問い合わせに答えられませんし、信頼を獲得していくならどうしても必要になります。

 

それで、お問い合わせフォームを簡単に作成できるプラグインといえば「Contact Form7」がこれまでメジャーでした。

どうして過去形なのかといえば、どうも2019年あたりからプラグインの方で不具合が出るようになったようで・・・

お申し込みフォームから、全然送信出来ないエラーが発生するようになったんですね。

 

こうなってしまうと、お客さんからの問い合わせがストップしますし、ビジネスの展開にも支障が出てきてしまいますね。

そこで今回は「Contact Form7」の代わりとして使える「Ninja Forms」というプラグインを紹介していきたいと思います。

 

プラグインのインストールと有効化

まずはプラグインをインストールして有効化していきましょう。

WordPressのダッシュボードから「プラグイン」⇒「新規追加」と進み

 

プラグインの追加画面が表示されたら、右上の検索ウィンドウに「Ninja Forms」と入力します。

 

「Ninja Forms」と入力すると、自動的に「Ninja Forms」が表示されます。

「今すぐインストール」して「有効化」まで済ませてしまいましょう。

 

有効化が完了すると、メニューに「Ninja Forms」の項目が追加されます。

 

フォームの作成手順

次にお問い合わせのフォームを作成していきます。

今回作っていくのは

 

・お名前

・メールアドレス

・お問い合わせ内容

・送信ボタン

 

といった、一番オーソドックスなお問い合わせフォームです。

 

まずダッシュボードの「Ninja Forms」の項目から「新規追加」と進み、クリックします。

 

「Ninja Forms」にはいくつかフォームテンプレートが用意されていますが、今回は「空のフォーム」を選択していきましょう。

 

次に表示される画面で、必要な項目を順番にクリックしていきましょう。

 

今回の場合ですと

「1・名前」「2・メール」「3・段落テキスト」「4・送信」

といった具合ですね。

 

項目を順番にクリックしていくと、以下のようにフォームに必要な項目が並びます。

ちなみに各項目はドラッグ&ドロップで入れ替えることが出来ますよ。

 

ラベル名の変更

作成したフォームですが、各項目の名称がこのままだとちょっと味気ないないですね。

この各項目の名前(ラベル名)は、自由に書き換えることが出来ます。

 

例えば「名前」の項目は「お名前」に変えたい場合は、名前パーツの歯車アイコンをクリックします。

 

画面右側のラベルウィンドウを書き換えると、フォームのラベル名を変更出来ます。

 

項目を入力必須にするには?

あと「お名前」や「問い合わせの内容」など。

必ず入力してもらいたいと思った項目は「入力必須」に切り替えることが出来ます。

 

画面右側の「必須フィールド」のスイッチをオンにして、緑色になれば必須項目になります。

 

他にも細かい設定項目はありますが、基本そのままで大丈夫です。

ひとまず今回は

 

「名前」を「お名前」に 「メール」を「メールアドレス」に。

「段落テキスト」を「メッセージ」に 各項目は必須項目に、設定してみました。

 

各項目のラベル名を書き換えたら、右上の「終了ボタン」をクリックしましょう。

終了をクリックしないで画面を切り替えてしまうと、設定が反映されないので注意してください。

 

管理者へのメールの作成

フォームが出来たら、次にお問い合わせフォームから送信があった時の

・あなたが受け取るメールの設定

・ユーザーが受け取る自動返信メールの設定

をしていきます。

 

画面上にある「メールとアクション」をクリックしていきましょう。

 

すると、このような画面が出てくるので各項目を編集していきます。

 

まず「管理者へのメールアドレス」をクリックします。

 

すると画面右側にメニューが出てきます。

ここでは「あなたが受け取る側」のメールの設定になります。

 

①~⑤までの設定を順番に行っていきましょう。

①アクション あなたへのメール
②宛先 あなたのメールアドレス
③返信先 ※入力フォームで入力してもらったメールアドレス
④件名 ブログからお問い合わせがありました。
⑤メール本文 {fields_table} ※そのままでOK

 

返信先は、アイコンから「メール{field:email~~~~~}」を選択していきましょう。

 

そして、以下のように入力できたら「終了ボタン」をクリックします。

はい、これであなたが受信するメールの設定は完了です。

次に、お問い合わせしてくれた読者さんへの「自動返信メール」を設定していきます。

 

自動返信メールの作成

読者さんへの自動返信メールの設定ですが、画面右下の「+」ボタンをクリックします。

次に「メール」の項目をクリックしましょう。

 

クリックすると、先程と同じような画面になります。

ここでは読者さんへの自動返信メール、①~⑤の項目を設定していきましょう。

 

以下のような内容で入力していきます。

①アクション 読者さんへの自動返信メール
②宛先 ※入力フォームで入力してもらったメールアドレス
③返信先 あなたのメールアドレス
④件名 【自動返信】お問い合わせ、ありがとうございます。
⑤メール本文 この度は、お問い合わせありがとうございます。

メッセージ確認後、2営業日以内にお返事させて頂きます。

↓送信いただいた内容

{fields_table} 

 

宛先は右側のアイコンをクリックし、その中の「メール{field:email~~~~~}」選択してください。

ここに読者さんが入力したメールアドレスが入るようになります。

 

そして、以下のように入力出来たら「終了ボタン」をクリックします。

 

フォームタイトルの入力

次に、作成したお問い合わせフォームのタイトルを入力していきます。

画面の「高度な設定」をクリックしてください。

 

次に表示設定をクリックします。

 

フォームタイトルを入力して、フォームタイトルを表示の項目はOFFにしておきましょう。

出来たら「終了ボタン」をクリックします。

これで、基本的なフォームが完成しました。

 

作ったフォームの動作テストをする

作ったお問い合わせフォームがちゃんと動作してくれるのか?

設置する前に、しっかりテストしておきましょう。

 

まずは画面の「Preview Form」をクリックしてください。

 

そうしたら、以下のようにプレビュー画面が出てくるので、テスト用に内容を入力していきます。

メールアドレスは、あなたがちゃんと受け取れるメールアドレスにしてください。

 

送信が完了したら、メールが2通届くか確認しましょう。

1・サイト運営者側としてメールが受信出来ているかどうか

2・送信者側として、自動返信メールが来ているかどうか

この2つのメールがちゃんと届いていれば、お問い合わせフォームは問題なく動作しています。

 

問い合わせフォームを設定する

おとは、作成したお問い合わせフォームを設置してい

きます。

フォーム作成画面右上の「公開」ボタンをクリックしてください。

 

さらに「公開」ボタンをクリック。

 

次に右上の「×」ボタンをクリックして、フォーム作成画面を閉じたら、先程作成したフォームのショートコードをコピーします。

 

固定ページで新しく記事を追加して、ショートコードを固定ページに貼り付けて公開しましょう。

 

こんな具合にお問い合わせページが出来ていれば、OKです。

 

はい、これでお問い合わせページが完成しました。

お疲れ様です~~!

今回のまとめです

はい、というわけで今回はお問い合わせフォーム作成プラグイン。

「Ninja Forms」の基本的な設定と使い方について、解説していきました。

 

「Contact Form7」と比べるとなかなか多機能で、実際使ってみると感覚的に使えて使いやすいです。

お問い合わせフォームの作成には是非「Ninja Forms」のプラグインを使ってみてくださいね。

 

ではでは、今回の内容は以上となります。

また次回お会いしましょう。

最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG