僕が今まで実践してきた集客ノウハウPDFを無料プレゼント中です(100ページ超え)詳細はこちらをクリックッ(準備中・・・)

WP Multibyte Patchとは何?設定方法や使い方・不要なのか解説【WPプラグイン】

どうも~こんにちは、サケです。

 

今回の記事では

「WP Multibyte Patchってどういうプラグインなの?」

「よく必要って言われるけど、どうして必要なのか具体的に教えて」

 

こんな疑問について解説していきます。

 

今回見ていくのは「WP Multibyte Patch」のプラグインについてです。

ブログ初心者の人からすると、ちょっと謎が多いかもしれない「WP Multibyte Patch」

 

以前はWordPressに、デフォルトでインストールされていたプラグインでした。

しかし、WordPress5.0以降になってから、デフォルトで初期インストールされなくなったんですね。

 

そういった関係から、WP Multibyte Patchは不要になったんじゃ・・・?

と噂されるようになったんです。

 

この記事を書いている僕は、2013年頃にブログを開始。

雑記ブログで月140万PVを達成した経験があり、ブログで生計を立てて生活しています。

 

今回の記事ではその「WP Multibyte Patch」とは何か?

設定方法や使い方、不要かどうかなどについて解説していこうと思います。

 

結構重要なプラグインだったりするので、是非読んでいってください。

 

WP Multibyte Patchとは何?【WordPressプラグイン】

 

まず「WP Multibyte Patch」とは、日本語版のWordPressで文字化けを防止してくれるプラグインになります。

 

そもそもWordPressは英語圏で作られたブログソフト(CMS)なので、基本的に英語表記向けに作られています。

ここで問題となってくるのが「シングルバイト文字(半角)」「マルチバイト文字(全角)」との違い。

 

英語圏と日本語圏では、以下のように文字で扱うバイト数が異なるんですね。

「英語圏」

「シングルバイト文字(半角)」:英数字など、1バイトのデータで表現できる文字

 

「日本語圏」

「マルチバイト文字(全角)」:ひらがなや漢字など、2バイト上のデータで表現する文字

 

WordPressはシングルバイト文字の英語表記向けに作られたブログソフト。

そのため、ひらがなや漢字などのマルチバイト文字を使うと、文字化けが起こる可能性があるわけです。

 

この文字化けを防止するため「WP Multibyte Patch」が必要になってきます。

 

「WP Multibyte Patch」の主な機能は以下の通り。

・ピンバックのバグ防止

・文字化けを防止してくれる

・トラックバックのバグを防止する

・文字数を正しくカウントしてくれる

・日本語を含んだデータを移行する時、破損トラブルを防ぐ

 

様々な機能がついていますが、基本的に

 

「WordPressで日本語が文字化けするのを防いでくれるプラグイン」

 

という捉え方で問題ないでしょう。

 

WP Multibyte Patchは不要か必要か

 

ここは結論から言って「必要」です。

WordPress5.0以降からデフォルトで初期インストールされなくなったので、不要ではないかという話も出ていたようですが・・

 

WordPress側の対応がまだ不完全なので、インストールしておかないと以下のような不具合が起きるケースもあります。

 

仮にインストールせずにWordPressを使い続けて、文字化けが起こらなかったとしても。

何かのタイミングで文字化け状態になってしまったら、後々の対応がものすっごく面倒なことになります。

 

前もってトラブルを回避するためにも「WP Multibyte Patch」はインストールしておくべきでしょう。

 

WP Multibyte Patchの設定方法と使い方

では、WP Multibyte Patchの設定方法と使い方について解説していきます。

 

とはいっても、主にやることは

「プラグインをインストールして有効化するだけ」

なので、ものすごく簡単ですよ。

 

まずはWordPressのダッシュボードを開き、左の管理メニューの「プラグイン ⇒ 新規追加」をクリックします。

 

新規追加画面を開いたら、右側の検索窓に「WP Multibyte Patch」と入力します。

 

すると自動的に検索結果に表示されるので「今すぐインストール」をクリックしましょう。

 

そのまま「有効化」すれば、インストールは完了です。

 

有効化するだけで、日本語版のWordPressで文字化けが起こる不具合を防いでくれます。

その他、WordPressでおすすめのプラグインについては、以下の記事でまとめています。

 

こちらも是非チェックしてみてくださいね。

 

⇒⇒⇒WordPressブログ初心者にも超おすすめなプラグイン16選

 

今回のまとめです

はい、というわけで今回はWP Multibyte Patchの設定方法や使い方、不要かどうかなど解説していきました。

 

今回の内容を要約すると

・「WP Multibyte Patch」は、日本版WordPressの文字化けを防ぐ効果がある

・余計なトラブル防止のためにも「WP Multibyte Patch」はインストールしておくべき

 

ということでした。

 

WordPressはアップデートを繰り返す度に、日本語を読み取る精度は上がっています。

しかし、日本語環境への対策はまだ完全とは言い切れないので、導入しておかないと不具合が起こる可能性はあります。

 

なので、WordPressを導入した直後にササッとインストールしておきたいですね。

 

ではでは、今回の内容は以上となります。

また次回お会いしましょう。

最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG