僕が今まで実践してきた集客ノウハウPDFを無料プレゼント中です(100ページ超え)詳細はこちらをクリックッ(準備中・・・)

Google XML Sitemapsの使い方と設定・サイトマップの送信方法について

どうも~こんにちは、サケです。

WordPressブログを開設したらやるべき初期設定はいくつかありますけど、そのうちの1つが「Google XML Sitemaps」の設定。

 

ブログ初心者の方の中には

「プラグインの【Google XML Sitemaps】の設定が大事って聞いたけど、いまいちよく分からない・・」

 

と、悩んでいる方もいるかもしれませんね。

 

今回はそんな悩みをお持ちの方に「Google XML Sitemaps」の使い方と設定方法。

サイトマップの送信方法などを解説していきたいと思います。

 

この記事を書いている僕は2013年頃からブログを開始。

雑記ブログで月140万PVを達成し、新規ブログを作る時はいつも今回紹介する設定にしています。

 

画像の通り設定してもらえれば、5分もかからないと思うので早速設定していきましょう。

 

Google XML Sitemapsとは?

 

まず「Google XML Sitemapsってなんなの?」という方もいると思うので、簡単に解説しますね。

 

Google XML Sitemapsとは簡単に言うと

「検索エンジンのクローラーに、ブログの巡回に来てもらう」

ためのプラグインとなります。

 

クローラーとはウェブ上を徘徊している、検索ロボットのこと。

この検索ロボットがウェブサイトやブログの情報を収集して、検索エンジンのデータベースに情報を登録することで、ブログの記事が登録されたりします。

 

通常は記事を投稿すると、このクローラーがサイトの更新に気づいて情報を収集し、記事を検索エンジンに「登録(インデックス)」してくれます。

 

しかし、クローラは基本的にランダムでネット上を徘徊しているので、記事が更新されたとしても、すぐにインデックスしてくれないことも・・・

特にブログを開設したばかりの頃は、ブログにクローラーが訪れてくれないので、なかなかインデックスされません。

 

そのため、こちらからXMLサイトマップを設定し、サイトの更新をクローラーに伝える必要があるんですね。

 

更新したことをクローラーにその都度伝えれば、記事のインデックス速度が早まり、ブログもそれだけ早く評価されます。

ブログのアクセスアップやSEOの側面から見ても、XMLサイトマップの作成は必須です。

 

なので、ブログを開設したら早い段階で設定していきましょう。

 

Google XML Sitemapsをインストール&有効化する

まずは「Google XML Sitemaps」をインストールして有効化していきます。

 

WordPressのダッシュボード画面のサイドバーから「プラグイン」⇒「新規追加」とクリックします。

 

次に、プラグイン新規追加の検索画面で「Google XML Sitemaps」と検索。

すると、自動的に「Google XML Sitemaps」が表示されるので「今すぐインストール」をクリックして「有効化」していきます。

 

これで「Google XML Sitemaps」のインストール&有効化は完了です。

 

Google XML Sitemapsの設定方法について

次に「Google XML Sitemaps」の設定方法について見ていきます。

 

主な設定項目は以下の7点です。

・基本的な設定

・Additional Pages

・投稿の優先順位

・Sitemap コンテンツ

・Excluded Items

・Change Frequencies

・優先順位の設定 (priority)

 

順番に見ていきますね。

 

基本的な設定

基本的な設定は以下のように設定していきます。

 

「Notify Google about…」

⇒サイト更新時にGoogleに通知

 

「Notify Bing(formerly MSN…」

⇒サイト更新時にBingに通知

 

「サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加」

⇒サイトマップの詳細な場所を検索エンジン通達

 

「Try to automatically compress…」

⇒サイトマップを圧縮してくれる

 

ちなみに「HTML形式でのサイトマップを含める」にチェックが入っていると思いますが、ここはチェックを外しておきましょう。

 

ここにチェックを入れた状態にしておくと、後々

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」

というエラーが発生する可能性があります。

 

クローラーは「xml形式のサイトマップ」しか見ないので、このエラーが出ても問題はないとのことですが・・

それでも、エラーが出るのはいい気分はしないと思うので、前もって外しておくといいです。

 

Additional Pages

ここは設定する必要はありません、そのままでOKです。

 

投稿の優先順位

投稿の優先順位は以下のように設定していきます。

 

ここはそれぞれのページの優先順位を決める項目ですね。

優先順位が高いと、クローラーは優先順位の高いページからサイトの情報を収集していきます。

 

ただ「コメント数が多い記事 = 重要な記事」とは限りませんよね?

そのため、ここは「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れておきましょう。

 

Sitemap コンテンツ

Sitemap コンテンツは以下のように設定していきます。

 

サイトマップにどのページまで掲載するのか、選択できます。

ユーザーがサイトマップを開いた時、どのページを見てほしいのかによって、チェックを入れていきましょう。

 

デフォルトの設定に加えて「カテゴリー」にチェックを入れてもいいですね。

 

Excluded Items

Excluded Itemsは基本的に設定しなくてOKです。

 

Change Frequencies

Change Frequenciesは以下のように設定していきます。

 

それぞれのページの更新頻度の目安を、クローラーに伝える項目になります。

ここは特にこだわりがなければ、画像と同じように設定しておきましょう。

 

優先順位の設定 (priority)

優先順位の設定 (priority)は以下のように設定していきます。

 

さきほどの「投稿の優先順位」で「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れると、ここの設定が有効となります。

基本的に最も重要度の高い「ホームページ」「投稿」「投稿優先度の最小値」は最も高い「1.0」に設定してください。

 

特にこだわりがなければ、ここも画像と同じように設定していきましょう。

最後に「設定を更新」のボタンをクリックして、設定完了となります。

 

Google Search Consoleへのサイトマップの送信方法

次に「XMLサイトマップ」を「Google Search Console」に送信していきます。

 

WordPressのダッシュボード画面のサイドバーから「設定 ⇒ XML-Sitemaps」と進んでください。

 

そして「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」の部分に、サイトマップ用のURLが記載されているので、それをコピーします。

 

次にGoogle Search Consoleをページを開いてください。

そして左側の「サイトマップ」をクリック。

 

次に「新しいサイトマップを追加」の入力欄にさきほどコピーした「XMLサイトマップ」を入力します。

 

最後に「送信」ボタンをクリックすれば、サイトマップの送信作業は完了です。

サイトマップの情報が反映されるまで、数日ほどかかるので焦らず待ちましょう。

 

Google XML Sitemapsを使用する場合の注意点

最後に「Google XML Sitemaps」を使用する場合の注意点について。

 

ここは先に結論から書くと、

「Google XML Sitemaps」を使用する時は「All in One SEO Pack」の「XMLサイトマップ」の機能はオンにしないでください。

 

・「Google XML Sitemaps」

・「All in One SEO Pack」の「XMLサイトマップ」機能

 

この2つをオンにしてしまうと、2つのサイトマップが設定されることになり、以下のように「送信されたURLが見つかりませんでした(404)」のエラーが出てきてしまいます。

 

仮に間違って2つともオンにしてしまったら「All in One SEO Pack」の「XMLサイトマップ」機能を切りましょう。

僕は「All in One SEO Pack」の「XMLサイトマップ」の機能をオフにしたことで、エラーが無事に消えてくれました。

 

というわけで「Google XML Sitemaps」を利用する時は、注意してくださいね。

 

今回のまとめです

はい、ということで今回は「Google XML Sitemaps」の使い方と設定方法。

あと、Search Consoleへのサイトマップの送信方法について解説していきました。

 

せっかくブログを開設しても「XMLサイトマップ」を「Google Search Console」に登録しておかないと、検索エンジンにブログを認識してもらえません。

ブログ開設初期の頃は、検索エンジンに記事が登録されるまで時間もかかるので、開設したらすぐにやっておきましょう。

 

というわけで今回の内容は以上です。

また次回お会いしましょう。

最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG