僕が今まで実践してきた集客ノウハウPDFを無料プレゼント中です(100ページ超え)詳細はこちらをクリックッ(準備中・・・)

WordPressの簡単な目次の作り方!プラグインTable of Contents Plusの設定方法

どうもこんにちは、サケです。

今回解説していくのは、WordPressの記事に目次を自動生成してくれるプラグイン。

「Table of Contents Plus」

の設定方法と使い方についてです。

 

文量が短い記事ならそんなに気にならないと思いますが、長めの記事だとどこにどの項目があるのか分からない・・

そう思ったことないでしょうか?

 

でも、記事の最初の部分に目次がついていると、記事全体の構成を把握できますし、どのくらいの文量なのか?

それも感覚的に分かりやすくなるので、読者さんにとって親切な記事構成になるということなんですね。

 

この「Table of Contents Plus」は、そんな目次を自動的に生成してくれるんですが、設定を加えることでより使いやすくなります。

では、早速設定方法と使い方について解説していきましょう。

 

WordPressに目次を設置するメリットとは?

まず、WordPressに目次を設置するメリットについて見ておきましょうか。

 

ブログでの集客を考えていく場合。

検索上位に表示させていくことを考えるなら、1記事あたりの文章量もある程度多く書かないといけません。

 

文字数が多ければ多いほど検索結果に有利というデータもありますが・・・

まあ、だいたい最低でも目安として「25000~3000文字」は欲しいところです。

 

ただ、その場合1記事あたりの文章量が多くなると、読者からしたら

 

「この記事、どこに何が書いてあるのか分かりにくい」

「記事が長くて、欲しい情報がどこにあるのか分からない;」

 

といった具合に記事の途中で、ブラウザの戻るボタンをクリックされてしまう可能性も。

せっかく頑張って書いたのに、これだとあまりにも悲しい事態に・・・

 

ですから

「この記事にはこういう情報があって、こんな構成ですよ~」

というのを、見出しを使って目次として表示することで、記事に書かれている内容。

記事全体の大まかな構成などを、前もって読者さんに教えてあげるわけですね。

 

そうすれば、記事の最後まで読み切ってくれる確率もアップしますし、その後関連記事を読んでくれたり、お問い合わせをしてくれたりなど。

ブログに興味を持ってくれるとっかかりにもなるので、目次を表示することはメリットが大きい訳です。

なので、記事には目次を設置することをおすすめします。

 

WordPressプラグイン「Table of Contents Plus」をインストールして有効化する

ではまず「Table of Contents Plus」をインストールして有効化していきましょう。

 

WordPressのダッシュボードから、画面左のメニュー「プラグイン」⇒「新規追加」と進んでください。

 

プラグインの追加の画面で、右側の検索ウィンドウに「Table of Contents Plus」と入力しましょう。

 

すると画面に「Table of Contents Plus」と出てくるので「今すぐインストール」をクリック。

更に「有効化」をクリックして、有効化まで済ませましょう。

 

「プラグインを有効化しました」と表示されれば、ひとまずインストール&有効化はOKです。

 

Table of Contents Plusで目次を自動生成させる設定方法と使い方

次に「Table of Contents Plus」の設定をしていきます。

ダッシュボードの左側メニューから「設定」⇒「TOC+」と進んでください。

 

位置

最初に「位置」の項目ですが、ここはデフォルト「最初の見出しの前」でOKです。

 

表示条件

表示条件は、見出しがいくつ以上ある時に目次を表示するか、その条件を決めることが出来ます。

僕のおすすめは「2つ」以上見出しがある時ですね。

ここはお好みで設定してみてください。

 

以下のコンテンツタイプを自動挿入(post、page)

この項目は、どんなタイプの記事に目次を入れるか決める部分ですね。

基本ここは「post」と「page」をどうするか考えていけば大丈夫です。

 

ちなみに「post」とは、あなたが今見ているこの記事のように、通常の記事の事ですね。

「page」とは固定ページの事で、基本クロールされない、お問い合わせページとかプロフィールなどのページを指します。

 

「post」にチェックを入れておかないと、通常の記事に目次が表示されないので、ここにはチェックを入れておきましょう。

「page」に関してはお好みで入れてみてください。

 

僕はひとまず「post」にだけ、チェックを入れています。

 

見出しテキスト

目次の上にタイトルを表示

目次のタイトルの上というのは、下の画像のところですね。

「目次」と書かれている部分です。

 

基本タイトルはあった方が分かりやすいので、ちゃんと入れておいた方がいいでしょう。

デフォルトだと「Contens」と入っていると思いますが、このままだと分かりにくいですよね。

なので「目次」と変えておくといいでしょう。

 

ユーザーによる目次の表示・非表示を切り替えを許可

ここは読者さんの方で、目次を非表示にしたり表示させたり、切り替えできるようにするところです。

ここはチェックを入れておいた方が、読者さんの方で選択できるので親切かなと思います。

 

更に、その下の「テキストを表示、非表示」というのは、切り替えリンクの単語の部分ですね。

 

実際の目次でいうと、この部分にあたります。

 

ここもデフォルトだと英語になっているので「表示」「非表示」などの日本語に変えておきましょう。

もしくは「開く」「閉じる」でもいいかな、と思います。

 

最初は目次を非表示

ここは目次を最初から表示させるか、非表示にしておくか決められる項目です。

「最初は目次を非表示」にチェックを入れると、目次が畳まれた状態で表示されます。

 

ひとまず最初の段階では、チェックは入れなくて大丈夫でしょう。

 

まずは表示させておいて「目次が長くなってちょっと邪魔かも?」

そう感じたら、非表示するなどして試していくといいと思います。

階層表示

ここは大きい見出しと小さい見出しで、階層表示にするかどうか決める部分です。

実際に見てもらった方が分かりやすいですが・・・

 

まず「階層表示ありの目次」がこちら。

 

そして「階層表示なしの目次」がこちらになります。

 

階層なしの状態にすると、凹凸がなくなり逆に分かりにくくなるので、階層表示にはチェックを入れておくのがおすすめですね。

 

番号振り

ここは文章の頭に番号をいれるか決める項目になります。

「番号あり」の目次がこちら。

 

「番号なし」の目次がこちらになります。

 

こちらも、パッと見た瞬間に番号があった方が、見出しの量も把握しやすいですね。

分かりやすい方がいいので、チェックは入れておきましょう。

 

アンカーリンクにジャンプではなくスクロールする

ここは目次にある文章をクリックした時、移動する方法を選択出来ます。

 

ジャンプは他のウェブページに飛ぶように、画面がいきなり切り替わる方法。

スクロールは、スルスル~~ッとリンク先に移動していく方法ですね。

 

ここは見る人の好みによるでしょうけど、僕はスクロールに設定しています。

 

外観(プレゼンテーション)

外観は目次のデザインですね。

黒色は視認性が悪いので選ばない方がいいですけど、他の色からお好きな色を選んでいきましょう。

僕は無難に灰色にしています。

 

上級者向け

次に、上級者向けの「表示」をクリックして設定を行っていきます。

見出しレベル

ここで見ていくのは「見出しレベル」の項目。

ここの項目にチェックを入れると、その見出しレベルの項目が目次に出てくるようになります。

 

僕のおすすめは「h2」と「h3」の見出しにチェックを入れておく設定ですね。

 

「h4」まで含めると、記事によっては目次が長くなりすぎますし、却って読みにくくなってしまいますから。

ひとまず「h2」と「h3」にチェックを入れておいて・・・

それでも長いと感じたら「h2」にのみ、チェックを入れる設定にしていけばいいかなと思います。

 

ここまで出来たら「設定を更新」のボタンをクリックしましょう。

これにて「Table of Contents Plus」の設定は完了です。

 

目次がちゃんと表示されるか確認する

あとは投稿画面の「プレビュー」ボタンをクリックして、目次がちゃんと表示されるか確認してみてください。

 

こんな具合に目次が表示されていれば、ちゃんと設定が反映されています。

はい、というわけでお疲れ様でした~。

 

今回のまとめです

今回はWordPressの簡単な目次の作り方ということで。

「Table of Contents Plus」の設定方法と使い方について解説していきました。

 

このプラグインを入れておくことで、記事のどこにどんな見出しがあるのか?

ひと目で分かるようになりますし、どんな記事なのかも把握しやすくなります。

 

読者さんにとっても親切設計な記事になるので、是非インストールしてみてくださいね。

ではでは、また次回お会いしましょう。

最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG