僕が今まで実践してきた集客ノウハウPDFを無料プレゼント中です(100ページ超え)詳細はこちらをクリックッ(準備中・・・)

初心者でも超簡単!エックスサーバーにWordPressをインストールする手順

どうも~こんにちは、サケです。

前回の記事では、エックスサーバーのサーバー契約とドメインの取得。

 

そして、ドメインをエックスサーバーで使えるようにするための関連付け。

同時にサーバー側での、常時SSL化の設定作業も済ませていきました。

(常時SSL化の記事の途中から飛んできたと思うので、ちょっと混乱するかもしれませんが・・)

 

そして、今回の記事では、いよいよエックスサーバーにWordPressをインストールしていきます。

 

一昔前は若干面倒だったWordPressのインストールですが、ここ最近はとても簡単にインストール出来るようになりました。

本当、あっという間に作業完了しますので、初心者の方でも簡単に出来ると思います。

では、いってみましょー。

 

この記事からアクセスした方は、下記の記事もどうぞご覧ください。

⇒⇒⇒エックスサーバーで独自ドメインを取得する方法と手順【初心者も簡単】

 

⇒⇒⇒WordPressブログで常時SSL化する理由と手順【エックスサーバー編】

 

エックスサーバーにWordPressをインストールする手順

まず、ドメインを取得してサーバーへの関連付けをしてから設定が反映されるまで。

だいたい1時間~半日程度は掛かります。

作業スピードが早すぎると、WordPressのインストールが出来ませんので、その場合は設定が反映されるまで待ちましょう。

 

設定が反映されるとドメイン設定の欄の「反映待ち」の表示が消えます。

反映待ちの表示が消えたら、WordPressのインストール作業を始めてください。

 

ではまず、サックスサーバーの管理画面の「サーバー管理」からサーバーパネルに入ります。

 

次にサーバーパネルの「WordPress簡単インストール」をクリックします。

 

ドメイン選択の画面が出たら、WordPressをインストールドメインを選びましょう。

 

次に「WordPressインストール」のタブをクリックします。

 

対象のドメインであることを確認し、必要事項を記入して「確認画面へ進む」をクリックします。

「設定項目」

・ブログ名:サイトのタイトル名になります。後からでも変更可能ですが、既に決まっているなら入力してしまいましょう。

・ユーザー名:半角英数文字で任意の名前を入力します。ここのユーザー名はWordPressのログインIDとなるので、長すぎない名前にしましょう。

・パスワード:半角英数と数字を組み合わせたものにしましょう。

(ユーザー名とパスワードはWordPressにログインする時に必要となります、忘れないよう大切に保管しておきましょう)

・メールアドレス:任意のメールアドレスを入力します。

・キャッシュ自動削除」基本「ONにする」のデフォルト設定でOKです。

・データベース:「自動でデータベースを生成する」のデフォルト設定でOKです。

 

内容を確認して問題ないなら「インストールする」をクリックします。

これでWordPressのインストールが完了しました。

 

ユーザー名とパスワードをしっかりメモしたら、管理画面のURLからWordPressのログイン画面に移りましょう。

 

WordPressのログイン画面が出てきますので、先程設定した「ユーザー名」「パスワード」を入力し、ログインします。

 

はい、このようにWordPressのダッシュボード画面が表示されたらログイン成功です。

今回のまとめです

はい、今回はエックスサーバーにWordPressをインストールする手順について解説していきました。

作業的に難しいところはなかったと思うので、初心者の方でも簡単だったかな、と思います。

 

エックスサーバーにWordPressをインストールする作業自体は、これで完了ですが・・

ここからWordPressの初期設定関連の作業をしていく必要があるので、そちらの作業も順次行っていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG