ワコムのペンタブが反応しない反応が悪い時の対処法6選【Windows10】

Sponsored Link

どうも~こんにちは、サケです。

 

今回の記事では

「ワコムのペンタブがいきなり反応しなくなった」

「ペンタブの反応が悪くなったので、対処法を教えてほしい」

 

こういうトラブルを解決していきたいと思います。

 

僕は以前イラストレーター&デザイナーとして会社に勤めていた時期がありまして、仕事でペンタブレットを使っていたんですね。

その名残もあって、今も画像加工やイラスト作成の作業にはペンタブレットを使っています。

 

しかし、たまに「ペンタブが反応しない」「なんだかいきなり動かなくなった」というトラブルが起こったりします。

 

こういうトラブルが起きると初心者の方は焦ると思いますが、ちゃんと対処を直ることが多いので安心してください。

 

そこで今回は、ワコムのペンタブが反応しない、反応が悪いときの対処法を解説していきます。

ワコムのペンタブが反応しなくなった、動かなくなったという方の参考になれば幸いです。

 

ちなみに今回動作確認した環境は以下の通りです。

・Windows10

・Wacom Intuos5 PTK-650/K

 

Sponsored Link

ワコムのペンタブが反応しない反応が悪い時の対処法6選【Windows10】

ワコムのペンタブが反応しない反応が悪い時の対処法6選

 

ではワコムのペンタブが反応しない、反応が悪い時の対処法を6つ紹介していきます。

1・USBを抜き差しするか、別のUSBポートに挿す

2・セルフパワーのUSBハブを使用する

3・ペンタブのデバイスがパソコンに認識されているか確認する

4・タスクマネージャーからタブレットドライバを再起動する

5・ペンタブのドライバ設定を初期化する

6・ペンタブの最新のドライバをインストールする

 

こちら、順番に見ていきましょう。

 

1・USBを抜き差しするか、別のUSBポートに挿す

USBを抜き差しするか、別のUSBポートに挿す

まずはすぐにできる簡単な対処法ですね。

 

複数のUSBケーブルを挿せるUSBハブを使用している場合、いきなり認識されなくなったりします。

特に安物のUSBハブだとよくありがち。

 

なので

・USBを抜き差ししてみる

・別のUSBポートに挿し変えてみる

 

などを行ってみましょう。

案外これで直ったりすることも多いですよ。

 

2・セルフパワーのUSBハブを使用する

2つ目はセルフパワーのUSBハブを使用すること。

 

パソコン初心者のみならず、慣れている人でも見落としやすい部分ですが・・

USBで接続する周辺機器が多くなると、電力不足に陥りやすくなって動作が不安定になるんですね。

 

パソコンを使用するとなると、ペンタブ以外の周辺機器も使っていると思います。

・ブルーレイドライブ

・外付けのハードディスク

・プリンタやスキャナ

・パソコン用テレビチューナー

 

他にも挙げるとキリがないですが、いろんな周辺機器をUSBを通して繋いでいるんじゃないでしょうか。

 

USBハブを増やせば、それだけいろんな周辺機器をパソコンに繋げることができます。

 

しかし、パソコンから供給される電力は無尽蔵にあるわけではなく、上限が決められています。

にも関わらず、USBハブを増やして周辺機器を増やしていけば、電力不足に陥って動作が不安定になるというわけですね。

 

この状況の解決策は「セルフパワーのUSBハブを使用すること」

 

パソコンからUSBへの電源供給の上限が決まっているなら、電源コンセントから直接電力を供給する必要があります。

電源コンセントに繋いで動作するセルフパワーのUSBハブなら、最大供給電力も大きいので周辺機器の動作も不安定になりにくいです。

 

電源ケーブルに繋げないといけない分ちょっと場所を取りますが、ペンタブを安定動作させたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、電源供給タイプのUSBハブはあまり安い商品を買わない方がいいですよ。

電力が不安定になったり、認識がうまくいかなったりとロクなことがありませんからね(経験談

 

以下のIOデータのUSBハブは性能も良く、見た目もスタイリッシュでおすすめですよ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

I/Oデータ テレビ用USBハブ(4ポート) US3-HB4AC [US3HB4AC]【SDSP】
価格:2489円(税込、送料別) (2020/12/10時点)

楽天で購入

 

 

3・ペンタブのデバイスがパソコンに認識されているか確認する

3つ目は、ペンタブのデバイスが認識されているかどうかの確認ですね。

 

手順は以下の通りです。

 

1:まずは、スタートメニューの「Windowsアイコン」をクリックします。

 

2:「W」までスクロールして「Windows システム ツール」をクリックします。

 

3:一覧の中から「コントロールパネル」をクリックします。

 

4:右上の表示方法を「カテゴリ」にして「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

ハードウェアとサウンド

 

5:表示された「デバイスとプリンター」をクリックします。

デバイスとプリンター

 

6:ペンタブのデバイスがちゃんと認識されていれば「Wacom、Bamboo、Intuos」などの名前がアイコンと一緒に表示されます。

 

もしも表示されていなかったら、ペンタブのデバイスがちゃんと認識されていないということです。

 

その場合は

・USBを抜き差しするか、別のUSBポートに挿し込んでみる

・セルフパワーのUSBハブを購入して接続し直す

 

などを試してみてください。

それでもダメなら、以下の紹介していく方法を試していきましょう。

 

4・タスクマネージャーからタブレットドライバを再起動する

4つ目は、タスクマネージャーからタブレットドライバを再起動する方法。

 

ペンタブが反応しなくなる原因で多いのがこれだったりします。

・ペンタブが反応しない

・ペンタブの反応が悪い、動きがおかしい

・筆圧がおかしくなって、上手く線が引けない

 

こういう状態になった時は、タブレットドライバを再起動してみると、トラブルが解決したりします。

 

手順は以下の通り。

 

1:まずは「Photoshop、クリスタ、SAI」などの画像編集ソフトや、イラストツールを全部終了してください。

 

2:次に「Control + Shift + Escape」を同時に押して、タスクマネージャーを開きます。

「Control + Shift + Escape」 タスクマネージャー

 

キーボードの品種によっては、キーの配置が微妙に違うので、そこはご自分のキーボードをよく見てからクリックしましょう。

 

3:タスクマネージャーを開いたら「サービス」タブをクリック。

そして「WTablet Service」の上で右クリックして「再起動」を選択します。

 

商品によって表示される名前が違うと思いますが「Tablet」「Wacom」と表示されていれば、それがペンタブのドライバです。

 

5・ペンタブのドライバ設定を初期化する

5つ目はペンタブのドライバ設定を初期化する方法ですね。

 

ペンタブの設定に問題があったか、ドライバが破損してしまいペンタブが反応しない状態になっている可能性が高いです。

この状況を解決するには、ドライバ設定を初期化して再インストールする必要が出てきます。

 

ちなみに、ドライバ設定を初期化するとペンタブの設定が商品購入時に戻ります。

その点を踏まえて、初期化するかどうか判断してください。

 

1:まずは左下の「Windowsアイコン」をクリック。

そして「ワコムタブレット」⇒「ワコム設定ファイルユーティリティ」とクリックしてください。

 

2:「すべてのユーザーの設定ファイル」の「削除」をクリックします。

「すべてのユーザーの設定ファイル」の「削除」

 

6・ペンタブの最新のドライバをインストールする

次にタブレットドライバを再インストールしていきます。

再インストールする場合は、古いペンタブドライバをアンイストールしてから、最新版のドライバをインストールしていきましょう。

 

1:まずはペンタブをパソコンから取り外してください。

 

2:次に先程解説したように「スタートボタン」⇒「Windowsシステムツール」⇒「コントロールパネル」を開きます。

「コントロールパネル」

 

3:コントロールパネルを開いたら「プログラムのアンイストール」をクリックします。

「プログラムのアンイストール」

 

4:インストール済みプログラムの一覧が表示されるの、ペンタブのドライバ名を探しましょう。

 

基本、ペンタブのドライバ名は名前のところに「ワコム」「Wacom」などの文字が入っているはずです。

僕の場合は「ワコムタブレット」と表示されていました。

 

そして、表示されているペンタブのドライバ名を右クリックして、「アンイストール」を選択してください。

 

ペンタブのドライバをアンイストールしたら、パソコンを必ず再起動してください。

これで、タブレットドライバのアンイストールは完了です。

 

5:次に最新版のドライバをインストールしていきます。

Wacomのドライバーダウンロードのページにアクセスします。

Wacomの「ドライバーダウンロードのページ」

 

6:左の項目から製品名、右の項目から使っているOSを選択して「検索ボタン」をクリックします。

 

7:ドライバの一覧が表示されるので、一番上に表示されたドライバを選択して「ダウンロードページへ」のボタンをクリックしてください。

念のため、更新日がちゃんと一番新しいかどうか、確認しておきましょう。

 

8:使用許諾契約を読んだ後、ダウンロードボタンをクリックして、ドライバのダウンロードを完了してください。

 

9:あとは、インストールの手順に従い、ドライバをパソコンにインストールしていきましょう。

 

ちなみに、型が若干古い製品の場合、ドライバ一覧に表示されないケースがあります。

その場合は検索画面の「旧ペンタブレット製品について⇒こちら」をクリックしてみましょう。

 

僕の場合はこちらのページに、対応ドライバが表示されていました。

 

今回のまとめです

はい、というわけで今回はワコムのペンタブが反応しない、反応が悪いときの対処法を6つ解説していきました。

 

改めて内容おさらいすると

1・USBを抜き差しするか、別のUSBポートに挿す

2・セルフパワーのUSBハブを使用する

3・ペンタブのデバイスがパソコンに認識されているか確認する

4・タスクマネージャーからタブレットドライバを再起動する

5・ペンタブのドライバ設定を初期化する

6・ペンタブの最新のドライバをインストールする

 

以上の6点でしたね。

 

今回紹介した対処法を試しても、ペンタブが反応しない場合。

ペンタブやペン自体が故障してしまった可能性が高くなります。

 

仮に他のパソコンや端末に接続できるなら、別のパソコンに繋いで動作を確認してみましょう。

他のパソコンや端末でも反応しなかったり、動かない場合は壊れてしまったと判断できますからね。

 

ただ、ペンタブが反応しない場合は、記事中の初歩的なミスが多かったりします。

なので、まずは焦らずに今回紹介した対処法を試してみてください。

 

今回の記事がお役に立てば幸いです。

では、また次回お会いしましょう。

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG