僕が今まで実践してきた集客ノウハウPDFを無料プレゼント中です(100ページ超え)詳細はこちらをクリックッ(準備中・・・)

仕事を辞めて自由になりたい方へ・自由に生きるための5つの行動ステップ

どうも~こんにちは、サケです。

今回の記事では

「今の仕事を辞めて、いっそのこと自由になりたい・・」

「自由に生きたいと思っても、どう行動すればいいか分からないから教えてほしい」

 

こんな疑問や悩みを解決していきます。

 

会社員として働いていれば

「仕事を辞めて、もっと自由になりたい・・」

と、考えたりするものですよね。

 

僕は以前、会社勤めでイラストレーター兼デザイナーとして働いていましたが・・

ほぼ毎日のように「仕事を辞めて、自由になりたい・・・」と考えていたものです。

 

この記事を書いている僕は

「自由に生きたい」という思いから2013年頃にブログを開始。

その後雑記ブログで月140万PVを達成し、割と自由に生活できるようになりました。

 

今回の記事は「仕事を辞めて自由になりたい」と本気で悩んでいる方向けに。

自由になりたい気持ちを大事にすべき理由や、自由に生きるための行動ステップについて解説していきます。

 

今回の記事を読むことで、あなたの自由に生きるためのキッカケになるかもしれませんよ。

是非、読んでいってください。

 

そもそも自由とは何か?僕なりの定義について

 

まず、そもそも「自由」とはどういったものでしょうか?

 

一般的に、自由に生きるためには、以下の5つの自由を手に入れる必要があるとされます。

・時間の自由

・場所の自由

・経済的な自由

・人間関係の自由

・精神的な自由

 

時間と場所に縛られることなく働くことができて、経済的にゆとりがある。

嫌いな人と付き合う必要がなく、毎日を自由に過ごすことが出来る。

 

その結果、精神的にもすごく充実した毎日を送ることができ、そこで「自由」を感じる。

確かに、そんなライフスタイルを送ることが出来れば、人類みんな幸せになれそうです。

 

ただ、これらの自由の要素に僕なりの定義を付け加えると

 

「自分の中にある考え方や価値観などの『軸』を大切にして、自分で考えて選択していくこと」

 

これこそが「真の自由」かなと、考えています。

 

というのも、人間はあまりに自由すぎると、逆に不自由さを感じてしまうそうなんですね。

 

人は自由すぎると、かえって不自由さを感じるもの

 

「ここは今から倫理です。」という漫画作品で、以下のような哲学的な格言が出てくるんですが・・

「不安は自由のめまいだ」

 

これは19世紀の哲学者でもある、キルケゴールの言葉。

 

「人は何をしてもいい自由を手に入れると、その自由に不安を覚えてしまう」

 

こういう意味を持った言葉になります。

僕はなんというか、この言葉がすごい印象に残ったんですよね。

 

人は不思議と自由を追い求めるものです。

 

仮にあなたが会社で働いている人だとして、毎日朝早くに起きて満員電車に揺られて出社。

定時まで働き、場合によっては終電間近まで残業。

相性の悪い人とも愛想笑いを浮かべながら、一緒に働かないといけない・・・

 

会社で働く以上「しなければならない不自由さ」というのは、たくさんあるものです。

 

それで実際あなたが「自由」を手に入れたら、最初のうちは開放感で一杯ですごく楽しく感じると思います。

 

でも、何をやってもいいというのは、何もしなくていいということ。

何もやるべきことがないというのは、誰からも必要とされていないということ。

どこへ行ってもいいというのは、どこへ行っても行かなくても同じということ。

 

自由の意味をただ「何をしてもいいこと」と勘違いしてしまうと、自由という枠組みの中で不自由さを感じてしまうんです。

 

そうじゃなくて、自分の考えや価値観という軸の元、自分で選びたいものを「選択」していくこと。

これこそが、本当の意味での自由なんじゃないかと思うんです。

 

そして、この「自由」の意味を踏まえたうえで。

現代社会で生きている人たちは、もっと「自由になりたい」という気持ちを大事にした方がいいかなと思うんですね。

 

もっと「自由になりたい」という気持ちを大事にすべき3つの理由

 

では、もっと「自由になりたい」という気持ちを大事にすべき理由を挙げていきます。

次の3点ですね。

1・あなたの人生の主導権はあなたが握っているから

2・人生は1度しかなく、いつ終わるか分からないから

3・働き方の選択肢はたくさんあるから

 

はい、順番に見ていきましょう。

 

1・あなたの人生の主導権はあなたが握っているから

 

1つ目は、あなたの人生の主導権はあなたが握っているから。

 

当たり前ですけど、今こうして生きている人生は他でもない、あなたのものですよね。

その主導権は常に、あなた自身が握っておくべきものです。

 

しかし社会人になって会社で働き始めると、自分の行動や選択は、他人の評価や意見に流されやすくなります。

 

どうしてそうなってしまうのかといえば

「そっちの方が波風も立たず、自分で決めなくてもいいから楽だから」

ですね。

 

しかし、それだと自分で選択したことにならず、本当の意味での自由から遠ざかってしまいます。

 

他人の評価や意見に流されて、言われるがままの選択肢を選んだとしても。

最終的にその選択肢を選んだのはあなた自身です。

 

仮にその選択肢を選んで大きな失敗をしても、周囲の人たちは一切の責任を負ってくれません。

だって、その選択肢を選んだのはあなたですからね。

 

それだったら、自分で考えて一番後悔しない選択肢を選んで行動していく。

 

仮にそれで失敗したとしても、自分で選んで行動した結果なんですから悔いは残らないと思います。

失敗したという経験も得ることが出来ますからね。

 

だから、人生の主導権は自分が握っていることを常に意識して、選択肢を選んでいった方が人生の幸福度も上がりやすいと思うんです。

 

2・人生は1度しかなく、いつ終わるか分からないから

 

2つ目は人生は1度しかなく、いつ終わるか分からないから。

 

おそらくこの記事を読んでくれているあなたは、明日も明後日も生きていることが前提で読んでいるんじゃないでしょうか。

 

何をアホなことを言っているの?と思うかもしれません(苦笑

確かに僕も、明日も明後日も普通に生きていることが前提で人生設計をしています。

 

しかし、人間いつかは死ぬものです。

こればかりは、どの人にも必ず訪れるものですよね。

 

そしてその「いつか」はもしかしたら、明日にやってくるかもしれないということを意識してもらいたいんです。

 

僕がこの事実に目を向けるようになったキッカケは何度がありまして・・

1回目:父親がガンで他界し『死』を身近に感じた

2回目:高校生の頃に交通事故にあってあやうく死にかけた(奇跡的にほぼ無傷でした)

3回目:うつ病になって、毎日のように「死にたい」と考えていたから

 

思い返してみたら、割と「死」を身近に感じていました(苦笑

 

それぞれのケースをお話すると、話が脱線するので割愛しますが・・・

人生における「普通の生活」「日常」「当然」というのは、だいぶ貴重で希少なものなんです。

 

そして、その貴重で希少な日常は、ひょんなことであっさり崩れ去ってしまうものなんです。

 

いきなり交通事故に遭うかもしれないし、最近でいうなら新型コロナウィルスに感染するかもしれない危険性もありますよね。

それは誰にも分からないことです。

 

人生は1度きりしかなく、やり直しはききません。

だからこそ「自由になって、やりたいことをやる人生」を送った方が、悔いのない人生を送れると思うんですね。

 

働き方の選択肢はたくさんあるから

 

インターネットが世界的に普及するようになって、僕たちの生活や社会の在り方はかなり進化したように思います。

そしてその進化は、働き方の部分にも及ぶようになりましたね。

 

僕は2013年頃から、インターネットビジネスでもある「ブログ起業」を始めました。

全部ネットで完結するビジネスなので、基本的には自宅を仕事場にしています。

 

現在はこのブログを育てて、自分のビジネスを構築している真っ最中ですね。

 

ただ、仮に今ほどパソコンとインターネットが普及していない時代に生まれていたら・・・

おそらく普通にどこかの会社に就職して、働いていたと思います。

(もしかしたら、ニートになっていたかもしれない;;)

 

現代って本当、色んな働き化を選べる時代になりましたよね。

個人でお金を稼ぐ方法もたくさんあって、自分にあったビジネスを始めている人はたくさんいます。

 

会社の方も副業を認める時代に入っていて、これからはこの流れがさらに加速していくと感じます。

 

せっかく、こんなに働き方の選択肢が豊富にある時代に生まれたんです。

会社で働くことを否定するわけじゃないですが、自由な働き方というライフスタイルに、目を向けても良いんじゃないでしょうか。

 

自由に生きたいと思ったら取るべき5つの行動ステップ

 

では、どうしたら自由に生きていくことが出来るのか?

そう思ったら取るべき行動ステップは、次の5つになります。

1・自由になりたい気持ちを認めてあげる

2・自由の定義を決めるため、自分と向き合う

3・自由な生き方をしている人を見つけて、分析する

4・自分に合う働き方について情報収集する

5・実際に行動に移していく

 

こちらも順番に見ていきましょう。

 

1・自由になりたい気持ちを認めてあげる

 

まずはあなたの中にある「自由になりたい」という気持ちを認めてあげましょう。

 

この記事をここまで読んでくれているあなたは、日常生活の中で何かしらの不安や不満があると思うんです。

それは仕事のことだったり、人間関係だったり、将来のことだったり・・・

 

とにかく様々な不安や不満が積もりに積もって

「もっと自由になりたい・・!」

という心のSOSを発していると思うんですね。

 

だから、まずは

「仕事を辞めて自由になりたいんだッ」

「もっと自由に生きたいんだ・・!」

 

という、あなたの中にある気持ちに気づいてあげること。

そして、その気持ちをしっかり受け入れるところから始めてみましょう。

 

自分の本当の気持ちに気づいてあげれば、そこから

 

「じゃあ、自由に生きるためにはどうしたらいいんだろう?」

 

と、自由に生きるための方法について考え始めると思うんですね。

 

自由になるための道筋に人生の方向性を変えるためにも、まずは「自由になりたい」気持ちを認めてあげましょう。

 

2・自由の定義を決めるため、自分と向き合う

 

自由になりたいになりたい気持ちを認めてあげたら、次は自由の定義を決めるため、自分と向き合っていきましょう。

 

これはどういうことかといえば、さきほども言ったように自由とは

「自分の中にある考え方や価値観などの『軸』を大切にして、自分で考えて選択していくこと」

と、書きましたよね。

 

しかし、考え方や価値観というのは人ぞれぞれ違います。

それはつまり、10人いれば10通りの「軸」があって、それぞれ「自分にとっての最良の自由」があるわけです。

 

ですから、まずは「あなたにとっての自由の定義」を決めていく必要があるんですね。

 

いきなりそう言われても、人によっては決めるのが難しいと思います。

そういう人は以下の5つの自由の中で、何が大切なのか優先順位を決めていくのもいいかもしれません。

・時間の自由

・場所の自由

・経済的な自由

・人間関係の自由

・精神的な自由

 

人によっては時間を一番に大切にしたいという人もいるでしょうし、やっぱりお金が一番大事かな?という人もいるでしょう。

 

僕の場合は、当時ブラック企業でうつ病を患って静養中だったんですが

「とにかく会社勤めしたくない」

というところからスタートしましたね。

 

会社で働くというスタイルが、どうしても自分には合っていないと思ったので

「まずは会社に雇われず、自分でお金を稼ぐ力を身に着けないと・・」

と考えていたんです。

 

だから、当時は「経済的な自由」を最優先に考えていたことになりますね。

 

ただ、これは僕の例なので、人によっては目指すべき理想のライフスタイルは、微妙に違ってくると思います。

・将来はどんな働き方をしていたいか

・週何時間働いて、休日はどう過ごしたいか

・どんな場所で生活したいか

・年収はどれくらい稼ぎたいか

・どんな人と一緒に仕事をして、どんな人と過ごしたいか

 

あなたが将来どんな「自由なライフスタイル」を送りたいのか、頭の中にある抽象的なイメージを、なるべく具体的にイメージして書き出していきましょう。

 

そうすることで、あなたの理想的な未来のイメージがより鮮明になって、目的地への道筋が見えやすくなっていきますよ。

 

3・自由な生き方をしている「ロールモデル」を見つけて、分析する

 

自分の理想的なライフスタイルを、なるべく具体的に描けたでしょうか?

次はあなたの描いた自由な生き方に近い生活を送っている「ロールモデル」を見つけて、分析していきましょう。

 

「ロールモデル」とは、自分にとって具体的な行動や、考え方の模範となる人物のこと。

簡単に言ってしまうと「あなたのお手本となる人物」ですね。

 

お手本となる人物を探す理由は、あなたの描いたライフスタイルにリアリティを持たせるためです。

 

例えば・・・

フランスのパリに行ったことがない人は、その町並みや風景など思い浮かべることは出来ませんよね。

更に海を見たことがない人も、あの壮大さや潮の香りなどを思い浮かべることは出来ないと思います。

 

実際、現実にあっても自分の目で見るまでは、自分の描いたイメージにリアリティを持たせることが出来ないんですね。

 

そこでおすすめしたいのが、あなたが描いた理想のイメージに近い「自由な生き方」をしている人物を見つけること。

 

そのお手本となる人物を見つけて、その人が実際にどんな生活を送っているのか?

その生活を送るために、どんなことをしてきたのか?細かく調べて分析していくんです。

 

現在はインターネットが普及していますし、検索すればあなたの理想に近いライフスタイルを送っている人を、見つけることは出来るはず。

その人が仮に、何かしらのコミュニティを運営していれば、そのコミュニティに入って学ぶことも出来ると思います。

(そのコミュニティが信頼できるかどうかは、前もってしっかり調べておきましょう)

 

コミュニティに入ったり、実際に会ってお話してみたり、一緒に勉強してみたり。

情報をどんどんインプットしていくにつれて

「この人の生き方は、自分の理想とちょっとズレているかもしれない」

「この人の生き方の、こういう部分は参考になるから、自分の中に取り入れたい」

 

と、新しい発見をすることも出てくると思います。

 

そういう試行錯誤とトライ・アンド・エラーを繰り返していくことで、あなたの中の「ロールモデル像」がどんどん鮮明になっていきますよ。

 

4・自分に合う働き方について情報収集する

 

あなたの中の理想の「ロールモデル像」を鮮明にしていく中で、自分に合う働き方について情報収集していくのも大事ですね。

 

自由になりたいと思ってただ闇雲に行動しても、失敗する可能性が高いです。

なので、どんな働き方が自分に合っているのか、情報収集していきましょう。

 

ネットが普及した今の時代、パソコンとネットを上手く活用すれば、自分で収入を得る方法はいくらでもあります。

僕はうつ病の静養中に、自分で稼ぐにはどうしたらいいか情報収集をしていきましたが・・・

・シェアビジネス

・クラウドソーシング

・プログラミング

・株やFX

・ウェブデザイン

・ブログ起業(アフィリエイト)

 

などなど、たくさんのビジネスモデルがあることを知りました。

 

その中でもいくつか条件として

・初期投資が少なく低リスク

・余計な人間関係に縛られないこと

・働く時間を自分で決めて、自分で作業内容を決められること

・頑張った分だけ、収入が伸びていくこと

 

このあたりを条件にして探していました。

 

正直そんなビジネスモデルはないだろう、と思っていたんですが・・

調べた情報の中で、一番再現性が高く資産性も高い「ブログ起業(アフィリエイト)」を選択したんですね。

 

もしくは、あなたの見つけたお手本となる人物が、どんな働き方を実践しているのか。

そこから自分の働き方を模索していくのも、いいかなと思います。

 

5・実際に行動に移していく

 

自分なりの理想的なライフスタイルをイメージできて、あなたのお手本となる人物も見つけた。

そして自分に合うビジネスモデルも見つけたら、あとは実際に行動に移していくだけです。

 

とはいえ

「いきなりそう言われても、どう行動すればいいか分からない;」

という方もいると思います。

 

そういう時は「あなたのお手本となるロールモデルの人生を、モデリングしてみる」のがおすすめ。

 

あなたのお手本となっている人物は、あなたの描く理想的なライフスタイルを送っている人なんですよね。

 

それなら、その人が理想的なライフスタイルにたどり着くまで何をやってきたのか?

分析してその道筋を辿っていくのが、一番の近道じゃないでしょうか。

 

僕も最初は「ブログ起業(アフィリエイト)」を始めて、右も左も分からない状態でした。

 

けれど、自分のお手本に選んだ人のブログや人生論などを読み込んで、実践を進めていった結果。

雑記ブログで月140万PV、アドセンス収入で月88万円を達成したりもしました。

 

そういう実績を残せたのも、最初は「この人のようになりたいな」という気持ちがあったからだと思います。

 

自由になりたいと考えるなら、自由に生きている人の道筋を辿って真似ていくこと。

そして実際に行動して分析して、継続していくこと。

 

そうすれば、必ずあなたの理想的な未来に近づいていけるはずです。

 

今の働き方を変えていくところから始めましょう

 

ここまで、自由に生きるための行動ステップについてお話していきました。

 

それで、あなたが本気で「今の状況を脱して仕事を辞めて自由になりたい」と考えているなら。

まずは、今の働き方を変えていくところから始めていきましょう。

 

「自由になりたい」と口でいうのは簡単ですが、それを実現するにはどうしても「お金」の問題がついてまわります。

 

もちろん、お金で買えない「体験」や「友人関係」などもあります。

とはいえ、だいたいの悩みはお金があれば、解決出来るというのも事実なんですよね。

 

つまり自由になりたいなら、お金が入ってくる「収入の仕組みづくり」がポイントになってくるということです。

その収入の仕組みづくりを考える上でも、まずは今の働き方を変えてみることを意識していきましょう。

 

働き方を変えていくことで

・時間の自由

・場所の自由

・経済的な自由

・人間関係の自由

・精神的な自由

 

これらの自由の要素が入る可能性も高くなります。

 

僕としては、自分でビジネスを始めるなら「ブログ起業」がおすすめですね。

圧倒的に低リスクで済みますし、働く場所や時間にも縛られない働き方を実現できます。

 

ただ、収益化まで若干時間がかかるのがネックなので、まずは副業から始めてみてはどうでしょうか。

 

副業から始めてみてブログである程度稼げるようになったら、副業から専業にシフトしていく。

この流れに沿っていくことで、理想的なライフスタイルを送れるようになっていくと思います。

 

「ブログ起業(アフィリエイト)」に興味のある方は、以下の記事も是非チェックしてみてください。

 

⇒⇒⇒ブログを始めるべき11のメリット・人生が変わるキッカケにもなるからオススメです

 

⇒⇒⇒起業したいけどアイデアがないお金もない方へ・ブログ起業をすすめる5つの理由

 

今回のまとめ・自由になりたいという気持ちは大事にしましょう

はい、ということで今回は仕事を辞めて自由になりたい方向けに。

自由になりたい気持ちを大事にすべき理由や、自由に生きるための行動ステップについてお話していきました。

 

改めて行動ステップをおさらいしますと

1・自由になりたい気持ちを認めてあげる

2・自由の定義を決めるため、自分と向き合う

3・自由な生き方をしている人を見つけて、分析する

4・新しい情報をインプットしていく

5・実際に行動に移していく

 

という内容でしたね。

 

おそらく、今回みたいに

 

「会社を辞めて自由になりたいんだ」

「もっと自由に生きていきたいんだ」

 

と周囲の人に伝えても、大半の人たちは

 

「人生そんなに甘くないし、うまくいくはずがない」

「人生なめているんじゃないか、もっと真剣に考えた方がいい」

 

と、あなたの提案を否定してくる人もいると思います。

 

そこで、周囲の声に流されて今まで通りの人生を生きるか。

はたまた自分の気持ちに従って、自由に生きるチャレンジをしてみるか。

最終的に決めるのは、他でもないあなたです。

 

でも記事中でも書いたように、人生は1度きりしかありません。

 

1度きりしかない人生の中で、自分で選択して自由に生きている人たちは意外とたくさんいるものです。

この流れはおそらく、今後もっと加速していくと思います。

 

自分の心の声に耳を傾けてあげて、自分の中の本当の気持ちを認めてあげましょう。

そこから、自由に生きるための道筋が見えてくるはずです。

 

ではでは、今回の内容は以上です。

また次回お会いしましょう~。

最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG