僕が今まで実践してきた集客ノウハウPDFを無料プレゼント中です(100ページ超え)詳細はこちらをクリックッ(準備中・・・)

ワードプレスブログの見出しタグの付け方と使い方!初心者にも分かりやすく解説

どうも~こんにちは、サケです。

集客ブログを構築していくなら、メインとなる記事コンテンツをコツコツ書いていく必要があります。

ただ、WordPressの記事を書いていくうえで意識しておきたいのが「見出しタグ」の付け方。

 

記事中に適切に見出しが付いていないと、文章がバーっと一気に並べて文章になってしまい、とにかく読みにくくなってしまいます。

そうなると、読者さんも読む気をなくしてしまうんですね。

 

記事の内容はとても良いのに、見出しを適切に入れていないせいで読まれなかったとしたら・・

ものすご~く、もったいない事になるんです。

 

でも、WordPressの見出しタグの付け方をしっかりマスターすれば。

記事の読みやすさが上がるだけでなく、検索エンジンからも評価されやすくなるので是非マスターしておきたいところです。

 

ということで、今回はワードプレスの見出しタグの付け方や使い方について。

ブログ初心者の方にも分かりやすく解説していきたいと思います。

 

そもそも見出しとは何か?

まずは、見出しとは何なのか、そこから見ていきますね。

 

見出しとは、ブログの記事などでよく見かける次の画像のようなものですね。

 

ブログの記事中の文章よりも、だいたい大きく表示されたり装飾されていたりします。

WordPressにインストールしているテーマ(テンプレート)によってデザインは若干違いますけど、見出しを付ける機能はWordPressに共通で備わっている機能になりますね。

 

この見出しをいかに適切に付けていくかが、記事が読みやすくなるポイントになってきます。

 

記事に見出しを付けるメリット

では、記事に見出しに付けるメリットについても知っておきましょう。

 

1・記事全体にメリハリがつく

まず記事全体にメリハリがついて、読みやすくなる点。

 

例えばですけど・・・

こんな風に文章がバーっと羅列されていると、ものすごく読みにくいですよね。

ここまで文章が詰まって、かたまりになっていると読む人もゲンナリして、ブログを閉じてしまいます。

 

けど、見出しタグを適切に使うと・・・

 

はい、どうでしょうか(ちょっと長くなりました;

記事の途中に見出しを入れることで、メリハリが出てグンと読みやすくなったかと思います。

 

ページ内の文章構成も目でチェックしやすくなるので、内容が頭に入ってきやすくなるんですね。

 

記事をチェックしてみて、なんとなく「読みにくいかも」と感じたら、話の流れが変わりそうなところで見出しを入れていきましょう。

メリハリが付いて一気に読みやすくなりますよ。

 

2・SEO対策にもなる

記事中に見出しを適切に使うと、検索エンジンから評価されやすくなります。

 

検索エンジンには「クローラー」と呼ばれる、ウェブサイトの情報を収集するロボットがあります。

このクローラーが情報を収集して、データベースにブログの情報を登録していくことで、ブログの評価が決まっていくんですね。

 

それで、見出しを適切につけていくと、クローラーに

「このブログのこの記事には、こういった内容を書いていますよ~」

と、伝えることが出来るんですね。

 

記事を読みやすくする効果だけでなく、ブログの評価アップの効果も期待できる。

つまり、SEO対策にもなって一石二鳥というわけです。

 

ちなみにSEO対策とは、検索エンジンから評価されやすくするための、アクセスアップの施策のことをいいます。

 

ブログの記事を検索上位に表示させて、アクセスアップを狙いたい。

そういった場合は、見出しにも適切にキーワードを入れることを意識していきましょう。

 

ただ、キーワードを意識するあまり、変な見出しの文章にするのは逆効果になってしまいます。

そこは気をつけてください。

 

ワードプレスの見出しタグの付け方と使い方のルール

次に見出しタグの付け方と使い方のルールについて。

守るべきルールは次の4点になります。

 

1・h1タグは記事中には使わないこと

2・基本はh2から使用すること

3・見出しは装飾目的で使わないこと

4・階層構成にすること

 

はい、順番に見ていきましょう。

 

1・h1タグは記事中には使わないこと

見出しには「h1~h5タグ」までありまして「h1タグ(見出し1)は1記事につき1つ」と決まっています。

 

ちなみに、h1タグは記事のタイトルに使われることがほとんど。

つまり、記事中でh1タグの見出しを付けることは、まずありません。

 

WordPressのテンプレートによっては、ここは予めh1タグを設定できないようになっていますね。

(僕のブログの「THE THOR(ザトール)」は、h1タグが指定できないようになっていました)

 

2・基本はh2から使用すること

h1のタグは記事のタイトルとして適用されるので、記事中に見出しタグを付ける場合は「h2タグ(大見出し)」から付けていくのが基本となります。

WordPressのテンプレートによっては「h3タグ」が大見出しのケースもあるようですが、大半のテンプレートは「h2タグ」が大見出しになっているかと思います。

 

インストールしているテンプレートによって若干異なるので、ここは前もってチェックしておきましょう。

 

3・見出しは装飾目的で使わないこと

見出しタグは文字全体が大きくなったり装飾されて目立つので、外観の装飾目当てに使いたいという人もいるかもしれません。

 

確かに見出しタグを使えば、見た目も目立ちますし記事全体にメリハリがついて読みやすくなるので、装飾目的で使う気持ちも分からなくないんですが・・・

 

とはいえ、ただ文字を装飾したいからという理由で使うのはNGです。

 

さきほど解説しましたけど、見出しタグを適切に使うとSEO効果が出て、アクセスアップが期待できると書きましたよね。

ただ、これは適切に使った場合に限ります。

 

装飾目的であっちにもこっちにも見出しタグを付けてしまうと・・・

 

クローラーが

「このブログの記事は何を伝えている記事なのか、なんだか分かりにくいなぁ・・」

そう認識してしまうので、結局ブログの評価が上がりにくくなってしまうんですね。

 

だから、見出しタグは文章の流れを切り替えたい時など、適切に使っていきましょう。

 

4・階層構成にすること

見出しタグを付ける時は「階層構成」にしていくことを意識しましょう。

「h2タグ ⇒ h3タグ ⇒ h4タグ ⇒ h5タグ」

こういった順番になっている必要があります。

 

とはいえ、文章だけで書くとちょっと分かりにくいと思うので、次の画像を見てみてください。

 

まず1つ目は「h2タグ ⇒ h3タグ ⇒ h3タグ ⇒ h3タグ」という構成。

 

次に2つ目は「h2タグ ⇒ h3タグ ⇒ h4タグ ⇒ h3タグ ⇒ h4タグ ⇒ h4タグ」という構成です。

 

どちらにも共通しているのは

・数字の小さい順番に見出しを付けていること

・番号をすっ飛ばしていないこと

となります。

 

例えば、次の画像のように「h2タグ ⇒ h4タグ ⇒ h3タグ」とした場合。

 

これは「h2タグ ⇒ h4タグ」の間の「h3タグ」をすっ飛ばしているので、SEO的に良くないという訳ですね。

見出しタグを付ける時は「階層構成」になるよう意識していきましょう。

 

効果的な見出しを作るためのテクニック

次に効果的な見出しを作るためのちょっとしたテクニックについて。

 

見出しに関しては、割と適当に決めてしまう人も多いようですね。

しかし、どんな見出しにするかによって、読者さんへの記事の伝わりやすさは変化していきます。

ほんのちょっと意識するだけでも違ってくるので、見出しの設定にも気を配っていきたいところです。

 

効果的な見出しを作るためのテクニックは、次の2点になります。

 

1・見出しをパッと見ただけで、内容が分かる構成にする

2・見出しは興味をひきそうな題名にする

 

1・見出しをパッと見ただけで、内容が分かる構成にする

インターネットで情報収集している人達は、あまり集中しないで記事を眺めていることが多いです。

その場合、記事の内容がパッと見て分かりにくいと感じると、すぐにブログから離れてしってしまうんですね。

 

だから、見出しをパッと見て、どんな内容の記事なのか、何となく分かるというのが大切になってきます。

「なんとなく分かる ⇒ ちょっと気になるから読んでみるか」

こういう、ちょっとしたとっかかりを作ってあげることが、記事を最後まで読んでくれることに繋がるんです。

 

例えば、この記事の目次部分を見てみますと・・・

 

この目次は、記事の見出しから構成されているものですね。

なので、どんな情報が書かれているのか、パッと見て分かりやすくなっているかと思います。

 

これらの見出しのうち、1つでも読者さんに興味を持ってもらえたらしめたもの。

そこから記事全体を読んでもらって、将来の見込み客になってくれるかもしれないんです。

 

だから、記事の見出しはパッと見て内容が分かる構成を心がけましょう

 

2・見出しは興味をひきそうな題名にする

見出しは文字のフォントが大きくなって、装飾もされるので読者さんの目に留まりやすい部分でもあります。

記事を流し読みしている人の目にも入りやすいので、そこで魅力的な題名にしておけば、そこから記事を読んでもらうキッカケになるかもしれません。

 

例えば・・・

・ブログのアクセスアップの方法

・WordPressブログのアクセスを5倍にした3つの手法

 

どっちのタイトルに興味を惹かれたでしょうか?

具体的な数字が入っている分、後者の題名の方が魅力的な題名になっていないでしょうか。

 

こういった具合に。

魅力的な題名を付けてあげることで、読者さんの目に留まりやすくなるので、記事の精読率がアップするんですね。

 

基本情報収集している人達は、流し読みしている人達が多いです。

読者さんの目を惹きつける題名の見出しにするのも、1つの戦略になりますよ。

 

実際の見出しタグの使い方について

あとは、見出しタグの使い方ですね。

これはとっても簡単なので、すぐに出来ると思います。

 

ダッシュボードのメニュー画面の「投稿 ⇒ 新規追加」と進んで、ブログの投稿画面へ移ります。

 

次に文章を打ち込んで、見出しにしたい行を選択してください。

例えば、下の「見出し2はこちらです」の部分を見出しにしていくとしましょう。

 

次に「段落」をクリックすると、メニューが開くので見出しを選んでいきます。

今回は「見出し2」を選んでおきましょう。

 

そうすると、文字のフォントが大きくなって装飾もされましたね。

これで見出しを付けたことになります。

 

見出しを付けた行をクリックすると、段落部分に「見出し2」と表示されます。

 

つまり、ここには「h2タグ」が適用されているという事になりますね。

 

あとはプレビュー画面でチェックして、実際に見出しが表示されるか確認しておきましょう。

 

はい、こんな感じでちゃんと「見出し2」が適用されています。

 

他の「h3の見出し」「h4の見出し」も同じような操作で、見出しを付けていくことが出来ます。

簡単でしたね。

 

今回のまとめです

はい、というわけで今回はワードプレス(WordPress)ブログの見出しタグの付け方と使い方について。

ブログ初心者の方にも分かりやすいように解説していきました。

 

改めて、見出しの注意点をおさらいしておくと

1・h1タグは記事中には使わないこと

2・基本はh2から使用すること

3・見出しは装飾目的で使わないこと

4・階層構成にすること

ということでしたね。

 

階層構成の部分がちょっとややこしいかもしれませんが、実際に記事を書いていって慣れていくしかないですね~。

 

もしくは、検索上位に表示されているブログの記事の構成を、参考にしてみるのもアリです。

検索上位に表示されているということは、それだけブログの内容が評価されているという事。

 

評価の高い記事の構成は、基本がしっかりしていますからね。

観察して、あなたの記事の見出しの付け方に活かしていきましょう。

 

見出しタグを意識していくことで、読者さんからも検索エンジンからも評価されやすくなるので、是非マスターしていってくださいね。

では、また次回お会いしましょう。

最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG