僕が今まで実践してきた集客ノウハウPDFを無料プレゼント中です(100ページ超え)詳細はこちらをクリックッ(準備中・・・)

ConoHa WINGの評判や特徴・メリット8つ&デメリット3つを徹底解説

どうも~こんにちは、サケです。

 

今回の記事では

「ブログを始めるためのサーバー選びで迷っていて、ConoHa WINGが気になっている」

「ConoHa WINGのメリットやデメリット、リアルな評判について知りたい」

 

こういう疑問にお答えしていきます。

 

WordPressブログを始めようとした時、初心者の人が悩みがちなのが「レンタルサーバー選び」

その中でも「ConoHa WING」のレンタルサーバーが気になっている人も、いるのではないでしょうか。

 

この記事を書いている僕は、2013年にブログを開始。

雑記ブログで月140万PVを達成し、ブログで生計を立てています。

 

今回の記事では、複数のレンタルサーバーを使用した経験から、ConoHa WINGのメリットやデメリット。

あと、評判やおすすめのプランについて開設していきます。

 

レンタルサーバーを「ConoHa WING」にしようか悩んでいる方にとっては、参考になると思うので、是非読んでいってください。

 

\ 国内最速の表示速度/

ConoHa WINGを無料で詳しく見る

ConoHa WINGとは?主な特徴について

 

「ConoHa WING」は提供開始されたのが2018年9月と、比較的新しいレンタルサーバーです。

ConoHa WINGの最大の特徴は、WEBサーバーの処理能力にとにかく特化させているという点。

 

ホームページのトップに「国内最速レンタルサーバー」と表示されていますが、その評判通り速さを実感している人が大多数です。

 

Googleの検索エンジンは、上位表示される要素として「ページの表示速度」も評価対象に入れています。

つまり、より速く表示されるほど、上位表示されやすくなりアクセスが集まりやすくなるということ。

 

そのため、サーバーの処理速度は速ければ速いほどビジネスで有利となります。

 

サーバーの歴史はまだ浅いものの、サーバーの性能や使いやすい点から、ブログでビジネスをしている人やアフィリエイターなどからも評価されてきています。

レンタルサーバーで有名な「エックスサーバー」と比較しても、かなりいい勝負としている印象ですね。

 

ConoHa WINGの3つのデメリット

 

ではまず、ConoHa WINGの3つのデメリットから紹介していきます。

1・無料お試し期間がない

2・サーバーとして歴史がまだ浅い

3・土日祝日のサポートがない

 

順番に解説していきますね。

 

1・無料お試し期間がない

残念ながら、ConoHa WINGは無料お試し期間がありません。

 

だいたいのレンタルサーバーでは、サーバーの性能を無料で試せるお試し期間みたいなものがあるものですが・・

ConoHa WINGには有料プランしかありません。

 

この点は、サーバーの性能をちょっと試してみたい人にとってはデメリットになるかもしれません。

 

ただ、Conoha Wingは「時間課金制」というものを導入しています。

これは、月額利用料未満の場合「1時間2円」という時間制で契約するというシステム。

 

仮に、1週間お試しで利用しようと考えたら

・1日の利用料= 2円×24h =48円

・1週間の利用料= 48円×7日 =336円

 

せいぜい「336円」ほどしかかかりません。

 

1週間あれば、サーバーの使用感はだいたい分かりますし、合わないと感じたらそこで契約解除すれば、それ以上の金額は請求されません。

なので、そこまで大きいデメリットでもないですね。

 

2・サーバーとして歴史がまだ浅い

特徴の項目でも書いたように、ConoHa WINGのサービスが開始されたのは2018年の9月。

レンタルサーバーの中でも、割と新しいサーバーサービスですね。

 

そのため、エックスサーバーなどの有名サーバーに比べると運用実績は少なくなります。

 

とはいえ運営元のGMOインターネットは、VPS(仮想専用サーバー)サービスを手掛けてきた実績があります。

最近ではConoHa WINGの評判も上がってきているので、歴史が浅いのは大きなデメリットにはならないでしょう。

 

3・土日祝日のサポートがない

ConoHa WINGには、電話やチャット、メールなどのサポートも充実しています。

 

ただ、電話とチャットに関しては「平日10:00~18:00」の受付。

メール対応も、翌営業日以降からとなります。

 

つまり、金曜日の夜から日曜日にかけては、サポートの助けを得られないということですね。

その期間中にWordPressで何かやらかして重大なエラーが発生しても、自分で対応しないといけません。

 

ConoHa WINGの8つのメリット

 

次に、ConoHa WINGの8つのメリットを紹介していきます。

1・国内でも最速の表示速度

2・アクセスが集中しても高い安定性を誇る

3・初期費用が無料&時間課金性でテスト感覚に使える

4・ドメインが1つ無料で取得可能

5・セキュリティ対策も万全

6・月額の利用料金が安い

7・ワンクリックで簡単に移行作業ができる

8・ブログの状況に合わせてプラン変更が可能

 

こちらも、順番に見ていきますね。

 

1・国内でも最速の表示速度

 

特徴の項目でも書いたように、ConoHa WINGは国内でも最速の表示速度を誇ります。

 

元々VPSサービスを展開していたGMOインターネットですが、多数のユーザーの声を集めた結果。

VPSサービスの性能と、超高速SSD・高速化技術を組み合わせたレンタルサーバーサービスの実現に成功しました。

 

ConoHaWINGは表示速度の高速化のために、以下のような最新技術を搭載しています。

・オールSSD RAID10構成を採用

・ConoHa WING独自の強力なキャッシュ機能

・通信の高速化に最適な「HTTP/2」に完全対応

・従来のPHP5から、2倍以上速度アップしたPHP7を利用可能

・「PHP」を高速処理できる言語「LiteSpeed LSAPI」を採用

 

今やページの表示速度の高速化は、検索エンジンで上位表示されるための重要な要素となっています。

 

せっかく記事にアクセスしてもらっても、ユーザーが

「このブログの記事、開くの遅いな・・」

と感じてしまうと、そのままブログから離脱されてしまいますからね。

 

そうなると、ブログの滞在時間が減ってブログ全体の評価も下がりやすくなります。

 

ページを高速表示して上位表示を狙い、そこから収益化に繋げたいという方には、おすすめなサーバーといえますね。

 

2・アクセスが集中しても高い安定性を誇る

 

ConoHa WINGは仮にアクセスが大量に集中しても、高い安定性を維持できます。

サーバーの安定性を高めるために、以下のような様々な機能を搭載しているからです。

「高速安定性Webサーバー『nginx』」

同時大量アクセスを高速処理できる「nginx」によって、安定した稼働を実現。

 

「リザーブドプラン」

他のユーザーの利用状況によってサーバーが圧迫されないので、常に安定した環境で利用可能。

 

「サービス品質保証(SLA)」

サーバーの月間稼働率は99.99%と、ほぼ100%の数値。

 

「サーバーマイグレーション機能」

利用中のサーバー負荷が高くなると、他のサーバーに物理的に移行される。

 

このように、あらゆる側面から安定した環境で利用できるよう設計されているので、仮に大量のアクセスが集中しても安心して利用できます。

月間の稼働率も「99.99%」とほぼ100%なので、サーバーがダウンしてアクセスできないという心配もいりませんね。

 

3・初期費用が無料&時間課金性でテスト感覚に使える

 

まず、ConoHa WINGは初期費用が無料です。

他のレンタルサーバーだとだいたい初期費用で「2,000円~3,000円」はかかるところ。

しかし、ConoHa WINGはその費用がかからないので、費用を節約できる点は嬉しいポイントです。

 

 

あと、さきほどもちょっと書きましたが・・

ConoHa WINGは契約開始から1ヶ月未満は「時間課金制」で精算することが可能です。

 

各プランごとの時間単価は、以下のようになっています。

・ベーシックプラン・・・1時間2円

・リザーブドプラン・・・1時間2.5円

・スタンダードプラン・・・1時間4円

・プレミアムプラン・・・1時間8円

 

仮にベーシックプランで契約した場合。

 

テスト感覚で1週間(168時間)利用するとしたら「2×168時間=336円」の費用がかかる計算になります。

完全無料で試すことはできないものの、せいぜい数百円程度でテスト出来るなら、問題ないと言えるでしょう。

 

4・ドメインが1つ無料で取得可能

 

ConoHa WINGには、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになった「WINGパック」というプランがあります。

この「WINGパック」を利用すると、独自ドメインを1つ永久に無料で利用できるんですね。

 

通常、独自ドメインは1年毎に更新代金を払う必要がありますが、その必要が一切なくなるというわけです。

 

ドメインが1つ永久に無料で利用できる他に、通常料金よりも最大33%もお得になるので、かなり太っ腹なプランといえますね。

仮に申し込むなら、この「WINGパック」で申し込むことをおすすめしますよ。

 

5・セキュリティ対策も万全

 

ConoHa WINGは、以下のようにセキュリティ対策も万全です。

「無料独自SSL」

WEBサイトのセキュリティ強化に必須、無料で提供可能。

 

「WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)」

サイバー攻撃からWEBサイトを守るための仕組みのこと。

常に最新の攻撃に対応可能な「SiteGuard」を採用。

 

「迷惑メール対策」

「ウィルスチェック機能」「迷惑メールフィルタ機能」で迷惑メール対策もバッチリ。

 

あと、コントロールパネルにログインする際も「二段階認証」の設定が可能なので、セキュリティの安全性能を優先したい方にもおすすめできますね。

 

6・月額の利用料金が安い

 

あと、ConoHa WINGは他のレンタルサーバーよりも月額料金が安いですね。

以下の比較表を見てももらうと分かりますが、他の大手サーバーよりも100円近く安くなっています。

 

各サーバーの料金比較表」

Conoha Wing エックスサーバー カラフルボックス(BOX2) mixhost
初期費用 無料 3,000円 無料(3ヶ月以上の契約の場合)  無料
月額料金(3ヶ月) 1,100円 1,200円 1,240円 1,380円
月額料金(6ヶ月) 1,000円 1,100円 1,160円 1,180円
月額料金(12ヶ月) 900円 1,000円 1,060円 980円
月額料金(24ヶ月) 850円 950円 980円 930円
月額料金(36ヶ月) 800円 900円 880円 880円

※表示価格は全て税抜です

 

あとさきほど書いたように、Conoha Wingは独自ドメインを1つ完全無料で取得できますし、サーバーの初期費用も無料となっています。

その点を考えても、他のサーバーと比べてかなりコストパフォーマンスに優れているといえるでしょう。

 

7・ワンクリックで簡単に移行作業ができる

 

ConoHa WINGには他社のサーバーに設置したWordPressブログを、ワンクリックで簡単に移行できる「WordPressかんたん移行」サービスもあります。

普通にWordPressの移行作業をしようとすると、最低でも3日~5日程度はかかってしまいます。

 

しかし、ConoHa WINGは移行元のURL、WordPressのユーザーネームやパスワードなど、基本情報を入力すればOK。

それだけで、簡単にブログのお引越しが出来てしまいます。

 

「WordPressかんたん移行」サービスを利用すれば、だいたい10分程度でお引越しできるので、本当便利ですね。

 

 

あと、本番移行する前にテストサイトで動作確認を行える「WordPressテスト移行」というサービスも始まっています。

 

テストサイトの作成は無料となっており、動作に問題がなければそのまま本番移行することが可能です。

テスト環境で動作確認しておけば、本番環境でのトラブルを回避できるので、これもまたありがたいサービスですね。

 

ちなみに、記事数が多くて自分で移行作業するのはちょっと自信ないという方には「WordPress移行代行サービス」もありますよ。

こちらのサービスは「6.980円」と有料になりますが、全部プロの人に移行作業をお任せ出来るので、安心安全です。

 

より安全に移行作業を済ませたいという方は、利用を検討してみるといいでしょう。

 

8・ブログの状況に合わせてプラン変更が可能

 

あとConoHa WINGは、ブログの状況に合わせて自由にプラン変更が可能です。

主に以下の3つのプランがあるのですが・・

・ベーシック(通常)

・スタンダード(上位)

・プレミアム(最上位)

 

最初はベーシックから始めて、サイトやブログにアクセスが集まってきたら、スタンダードやプレミアムに切り替えるといった流れですね。

もしくはキャンペーンなどでアクセスが増えやすい時期を調べて、そこに合わせてプラン変更することも可能です。

 

個人ブログの規模ならベーシックプランのままで問題ないと思いますが、そういう戦略も取れるという点でメリットにつながると感じました。

 

ConoHa WINGの評判や口コミ

 

次に、ConoHa WINGを利用した人たちの「悪い評判」「良い評判」についてチェックしていきましょう。

 

ConoHa WINGの悪い評判

まずはConoHa WINGの悪い評判からです。

・WordPressかんたん移行が上手くいかないことがある

・思った以上に表示速度の速さを実感できない人もいる

 

元々のサーバー速度が速いと、速さをあまり実感できないという人もいるようです。

あと、調べてみて感じたのが、WordPressかんたん移行作業でエラーが出るケースが割と多いとのこと。

 

エラーが起こった場合は、自分で手動で対応するか、もしくは「WordPress移行代行」のサービスに頼むという手もあります。

 

ConoHa WINGの良い評判

続いて、ConoHa WINGの良い評判を見ていきます。

・表示速度が速くなった

・管理画面が使いやすく操作性が良い

 

良い評判で目立ったのは、やはり「表示速度が速くなった」という点。

ブログの表示速度をチェックしてくれるツールでPageSpeed Insightsというものがあります。

 

このツールでチェックすると、ページの読み込み時間や短くするための改善法を表示してくれます。

そしてConoHa WINGに切り替えたら、表示速度が改善されたという声が多かったという訳ですね。

 

やはり、国内でも最速の表示速度と言われるだけのことはあります。

 

\ 国内最速の表示速度/

ConoHa WINGを無料で詳しく見る

ブログ初心者におすすめなのは「ベーシックプラン」

ベーシック スタンダード プレミアム
月額料金(12ヶ月) 900円/月 1,950円/月 3,900円/月
SSD 250GB 350GB 450GB
転送量目安 4.5TB/月 5.0TB/月 6.0TB/月
ドメイン 無制限
データベース 無制限
初期費用 無料

 

ブログ初心者の人からすると、これらの数値を見せられてもよく分からないかもしれません。

ただ、個人サイトでブログの集客や収益化を狙うなら、ベーシックプランで十分な性能です。

 

「スタンダード」や「プレミアム」プランだと、明らかにオーバースペック。

月々の運営費用が無駄にかかってしまうので、ここはベーシックプランにしておきましょう。

 

仮にサイトを運営していってアクセスが急増してきたら、上位プランに乗り換えればいいですからね。

 

\ 国内最速の表示速度/

ConoHa WINGを無料で詳しく見る

今回のまとめです

はい、というわけで今回はConoHa WINGの評判や特徴についてでした。

 

改めて内容をおさらいしますと、ConoHa WINGのデメリットは以下の3つ。

1・無料お試し期間がない

2・サーバーとして歴史がまだ浅い

3・土日祝日のサポートがない

 

ConoHa WINGのメリットは以下の8つということでした。

1・国内でも最速の表示速度

2・アクセスが集中しても高い安定性を誇る

3・初期費用が無料&時間課金性でテスト感覚に使える

4・ドメインが1つ無料で取得可能

5・セキュリティ対策も万全

6・月額の利用料金が安い

7・ワンクリックで簡単に移行作業ができる

8・ブログの状況に合わせてプラン変更が可能

 

レンタルサーバーで最も知名度が高いのは「エックスサーバー」だと思います。

しかしConoha Wingも、表示速度や安定性能、月額の運営費用などを考えると、質の良さではひけを取りません。

 

機能性の高いレンタルサーバーとして、間違いなくおすすめできるサーバーですよ。

この機会に是非登録してみてくださいね。

 

\ 国内最速の表示速度/

ConoHa WINGを無料で詳しく見る

 

最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG