僕が今まで実践してきた集客ノウハウPDFを無料プレゼント中です(100ページ超え)詳細はこちらをクリックッ(準備中・・・)

フリーランスで孤独を楽しめる人は強い・おすすめな孤独との付き合い方6選

どうも~こんにちは、サケです。

 

今回の記事は

「フリーランスになったはいいけど、毎日1人で作業してちょっと寂しい・・」

「フリーランスになってから孤独感が半端ない、どうすればいいか対処法を教えて」

 

という、悩みを解決していきます。

 

フリーランスや個人事業主の方でありがちな悩みが「孤独感」

 

僕は以前、会社勤めでイラストレーター兼デザイナーとして働いていました。

働き方の体制がブラックだったので、そこはうつ病で退職したんですが・・・

 

個人で働くようになった当時は、ひしひしと孤独を感じてだいぶ悩みましたね。

今では割と、孤独感と上手く付き合えるようになってます。

 

この記事を書いている僕は、2013年頃にブログで起業しました。

フリーランス歴は約7年目で、孤独と上手に付き合って自宅で働いています。

 

今回の記事では、フリーランスで孤独を楽しめる人は強いという観点から。

おすすめな孤独との付き合い方について紹介していきます。

 

フリーランスや個人事業主の方で

「孤独だな・・ちょっとしんどいな・・」

と悩んでいる方は是非、読んでいってくださいね。

 

フリーランスになると最初に悩むのが【孤独感】

 

フリーランス、個人事業主、起業家。

色んな働き方があると思いますが、独立すると最初に悩むのが「孤独感」

 

会社勤めでサラリーマンをしている人たちは、オフィスに足を運べば先輩や上司と顔を合わせることになりますよね。

だから、孤独を感じることはあまりないはず。

 

しかし、フリーランスや個人事業主の場合。

・朝起きて、朝食を食べる

・ちょっと軽めの運動をしたら、自宅やコワーキングスペースで仕事

・基本的にずっと同じように作業

・気づいたら、丸一日誰とも喋らないこともある

・お風呂に入って、夕飯を食べて、寝る

 

こういうサイクルを送っている人は、多いんじゃないかと。

自分もだいたい、上記のようなライフスタイルを送っています。

 

そして、こういうライフスタイルになると、人に会う機会が激減するんですよね。

本当、びっくりするほど会わなくなります。

 

職場に通勤する必要もなければ、先輩や上司に会うこともない。

ずっと自宅に引きこもっていたら、誰にも会わなくなるのは当然のことです。

 

そうなると・・・次第に孤独感に悩んでいくんですね。

 

孤独を受け入れると、孤独を楽しめる人になって強くなります

 

とはいえ、フリーランスや個人事業主という働き方をする以上。

孤独感を完全に消すのは難しい話です。

 

それで個人的な考えですが・・

いっそのこと孤独であることを受け入れて、孤独を楽しめる人になった方が成長しやすいと思うんですね。

 

よく「孤独」について調べてみると「克服する方法」「打ち勝つ方法」とか出てきます。

 

しかし、フリーランスや個人事業主に孤独という感情は、ほぼついてまわるものです。

独身で家に1人しかいない人とかだと、余計そう感じることでしょう。

 

それで、ほぼ孤独がついてくるというなら。

変に邪魔者扱いせずに受け入れてしまった方が、対応が楽になるんじゃないでしょうか?

 

実際、孤独であることを受け入れて、孤独を楽しめるフリーランスの人は

「プログラマー」

⇒ 案件への対応と勉強に1日10時間以上費やす

 

「ウェブライター」

⇒ 1日10時間以上、案件への対応

 

「ブログ(アフィリエイト)」

⇒ 1日5時間~8時間、ブログを書いたり、デジタル商品の作成作業

 

といった具合に、すごい勢いで仕事に集中して成果が出ている人も多い印象です。

 

なので、フリーランスや個人事業主として成長したいなら、成功したいなら。

いっそ孤独を受け入れて、その状況を楽しめる人になった方が楽かなと思うんですね。

 

フリーランスで孤独を楽しむことの5つのメリット

 

では次に、フリーランスで孤独を楽しむことのメリットについて解説していきましょう。

次の5つになります。

1・めんどくさい人間関係のストレスがない

2・時間をすべて自分のために使える

3・リラックスできる時間が増える

4・メンタルが強くなる

5・自己肯定感が高まる

 

順番に見ていきましょう。

 

1・めんどくさい人間関係のストレスがない

 

まずはめんどくさい人間関係のストレスがない点。

会社勤めで会社員として働いている時に、最もストレスに感じるのは「人間関係」だといいますね。

 

職場での人間関係が良好なら問題ないですが・・

先輩や上司との相性が悪ければ、毎日仕事でストレスを感じることになります。

 

しかし、フリーランスになって孤独を楽しめるようになれば、そういうストレスとは無縁です。

 

だって、嫌いな先輩や上司もおらず、誰かに気を遣う必要がないですからね。

 

人間関係のトラブルにも巻き込まれて、余計な時間を浪費するということもありません。

これは大きなメリットと考えていいでしょう。

 

2・時間をすべて自分のために使える

 

2つ目は時間をすべて自分のために使える点。

孤独であることを楽しめず、ただネガティブなことばかり考えていては、その時間は無駄になってしまいます。

 

しかし、孤独であることを受け入れて楽しめるようになると、その時間を全部自分のために使えることに気づきます。

 

時間は人に与えられた平等な資産と言いますけど、本当にそう思いますね。

・新しいスキルを身につけるために勉強する

・自分の行きたいところに行って、色んな体験をする

・思い切り体を休めてリフレッシュ

 

こんな具合に、自由に時間を使っても誰かに咎められることはありません。

孤独である時間を楽しみつつ、有益に使える人はそれだけ成長しやすいです。

 

時間は1日24時間しかなく有限ですからね。

その限りある時間を有効に使うためにも、孤独であることを受け入れて、楽しんだ方がいいかなと感じます。

 

3・リラックスできる時間が増える

 

3つ目はリラックスできる時間が増える点。

 

イギリスの環境保護団体によって行われた、とあるオンライ調査によれば。

他人といる時よりも、1人でいる時の方がリラックス効果が得られる、というデータが取れたといいます。

 

「癒やしを感じる時はどんな時か?」という調査結果を見てみると・・・

「家族や友達に会う時」⇒ 約25%

「一人でいる時」⇒ 約50%

 

つまり、この調査結果を見る限り。

友人や家族と一緒の時間を過ごすより、1人で読書したり好きなことをしている時の方が、リラックスできるということですね。

 

ちなみに、お気に入りの本を読んだり観葉植物を部屋に置くと、リラックス効果が高まってメンタルに良い影響を与えてくれますよ。

 

4・メンタルが強くなる

 

4つ目はメンタルが強くなる点。

 

フリーランスや個人事業主という働き方を始めると、自分の人生の舵取りを自分で決めて、進めていかないといけません。

・収入が不安定な問題

・収入が安定するまでは、なかなか休みを取れない問題

・トラブルが起こったら、全部自分で対処しないといけない

・自己管理やスケジュールなども全部自分で管理する必要がある

 

こんな具合で、全部自分で決めていく必要があります。

 

孤独である以上、誰かを頼ることは出来ず、頼れるのはまさに自分1人だけなんです。

その中で迷って苦しんで、足掻いて進んでいくうちに、人間として大きく成長していきます。

 

孤独を受け入れることで耐性が身につき、更に成長していくので、メンタルがより強固なものになっていくんですね。

 

メンタルを強くして孤独を味方につければ、孤独を辛いと感じなくなっていきますよ。

 

5・自己肯定感が高まる

 

5つ目は自己肯定感が高まるという点。

 

孤独を受け入れて楽しめる人は、自分のことを客観的に見つめ直すのが上手い人でもあります。

こういう人は、自己肯定感が高い傾向が強いです。

 

先ほども書きましたが、孤独であるということは時間を好きに使えるということ。

それはつまり、1人の時間を多く持っているということですよね。

 

1人の時間を多く持っているということは、それだけ自分と対話する時間があるということ。

「自分はどんな人間だろう?」

「自分のやっている仕事や方向性は、このままでいいいのかな?」

「自分の好きなものや嫌いなものは何か?」

 

こういったことを、自分と対話して客観的に捉えているので、行動のコントロールが上手いんですよね。

 

このように自分のことをしっかり把握していて、積極的に行動できる人は自己肯定感が高い人といえます。

 

ここまでフリーランスで孤独を楽しむことのメリットについて、紹介していきました。

 

ただ、ずっと孤独を受け入れておけばいいのかといえば・・そうでもないと思うんです。

 

やっぱり人間ですし、たまには誰かと会いたくなったり、話したくなる時もあるでしょう。

そのあたり含めて、孤独と上手く付き合っていこうという話ですね。

 

フリーランスの孤独との付き合い方6選

 

では、フリーランスの孤独との付き合い方について紹介していきます。

次の6点ですね。

1・情報をインプットする

2・オンラインのコミュニティに参加する

3・たまにはやりたい事をやる

4・孤独に対する考え方を変える

5・友達や知人に会う予定を作る

6・会社勤めの人にできないことをやる

 

こちらも、順番に解説していきます。

 

1・情報をインプットする

 

1つ目が情報をインプットすること。

 

孤独であるということは、誰にも気を遣わず1人で物事を考えられるということ。

思考が働きやすく、感受性も豊かになっている状態でもあります。

 

そんな時におすすめなのが、情報をインプットすること。

中でも「読書」は、読んでいくうちに集中していけば、あっという間に時間が過ぎていきます。

 

加えて読書はゲームやマンガと異なり、文章と少しの挿絵だけで構成された内容を理解するために、想像力をフルに働かせる必要があります。

だから、本を読むことに集中すると、本の中の世界観を疑似体験することが出来るんですね。

 

映画やゲームとはまた違った、かなり濃密な時間を過ごすことが出来るわけです。

 

他にも読書には

・集中力のアップ

・思考力のアップ

・アイデアをひらめきやすくなる

 

などのメリットもあるので、楽しみつつ孤独と付き合える状態になります。

 

もちろん感動できる映画やお気に入りのマンガを読み込むのも、おすすめ。

自分の没頭できるメディアや媒体を選んで、1人の時間を大いに楽しみましょう。

 

2・オンラインのコミュニティに参加する

 

2つ目がオンラインのコミュニティに参加すること。

 

フリーランスであることに孤独を感じる時は、誰かと話したいときや価値観を共有したい時。

つまり、単純に人恋しい状態になっているのかもしれません。

 

そういう時は自分と同じ働き方をしている「コミュニティ」に参加してみるのがおすすめ。

僕は現在「ブログ起業」という働き方を実践していますが、同じようにブログを軸にした働き方をしている人は結構います。

 

そういう人たちの中で、自分と価値観や考え方が似ている人を探してみるんです。

その中で、オンラインのコミュニティに参加している人がいたら、参加してみるといった感じですね。

 

価値観や考え方が似ていればストレスを感じにくいですし、仕事で上手くいかないことがあっても悩みを共有できます。

たまに実施されるイベントで、実際に会って話し合ってみれば、より孤独感は薄まっていきます。

 

なので、コミュニティに参加するのもおすすめですよ。

 

3・たまにはやりたい事をやる

 

3つ目はたまにはやりたい事をやる、です。

 

いつも周りの人の目を気にしてしまったり、他人の評価が気になってしまう・・

それだと自分を評価する軸が他人に左右されているので、孤独になるとその状態を苦痛に感じやすくなります。

 

先ほども書いたように、孤独であるということは、自分の時間を好きに使えるということ。

つまり、自分のやりたいことに、時間を使えるということでもあります。

 

今孤独であるなら、周りの人の目や他人の評価とか関係ないですよね。

それなら、たまには自分のやりたいことをやって、自分の心やメンタルを思い切り充実させてあげた方がいいかなと思うんです。

 

特に自分で「自分の好きなこと、やりたいこと」が分かっている人は、かなり強いです。

それを1人で楽しめれば、他人の評価なんて気にする必要はありません。

 

自分がやりたい事をやるということは、自分の行動を自分で選んで決めたということでもあります。

 

孤独を感じたら、変に遠慮をしないこと。

やりたいことをやって、自分の心を思い切り満たしてあげるのも大事ですよ。

4・孤独に対する考え方を変える

 

4つ目は孤独に対する考え方を変えること。

 

一般的に孤独は「ひとりぼっち」「寂しいやつ」などなど、ネガティブなイメージ面ばかり強調されます。

しかし、これはメディアがそういう側面ばかりを取り上げているから、というのもあると思うんですね。

 

孤独であることをネガティブに捉えて、悲観的になっていしまうと気持ちはどんどん沈んでいくもの。

それはメンタルに悪影響を及ぼし、うつ状態を引き起こす可能性もあります。

 

とはいえ、本来人間というのは孤独なものです。

 

他人の考えを100%理解し合えば、そんなのまず不可能ですよね。

テレパシーでも使えれば可能かもしれませんが・・使える人もまずいないはず。

 

大切なのは孤独であることに向き合って、その状態を自分でどう捉えるか、ということだと思うんです。

ですから、孤独に対する考え方を変えてしまいましょう。

 

例えば、孤独を「ひとりぼっち」とか「寂しいやつ」と考えるのはやめて

「時間を自由に使える」

「これで自分のやりたいことができるッ」

 

とポジティブに考えてみるんですね。

 

「1人の時間もなかなか悪くないなぁ」と気持ちに余裕を持てれば、孤独と上手く付き合っていけるはずです。

 

5・友達や知人に会う予定を作る

 

5つ目は友達や知人に会う予定を作る。

 

孤独である時間を楽しんだり、考え方を変えるだけでも孤独感はだいぶ薄まります。

そしてたまには、友達や知人に会うことをおすすめしたいです。

 

フリーランスで自宅にずっとこもった状態が続くと、家から出るのが億劫になってしまうんですよね。

そうなると、単純に健康に良くないですし、何かあった時に頼れる人がいなくなってしまいます。

 

あまりに人との繋がりが薄くなると、いざという時に困るもの。

だから、たまには友達や知人に会って、食事をしたり近況報告をした方がいいです。

 

友達や知人に会って、色々話をしてみるだけでも孤独感はだいぶ薄まりますからね。

 

あと、人と関わることで思わぬところから、仕事の話が舞い込んできたりもします。

そういう思わぬメリットもあるので、おすすめですよ。

 

6・会社勤めの人にできないことをやる

 

6つ目は会社勤めの人にできないことをやる。

フリーランスや個人事業主の強みは、会社勤めの人より時間の都合がつきやすい点ですね。

 

仕事の内容によっては、平日に仕事をする人も多いので、全ての人にあてはまるわけじゃありませんが・・

僕のケースで言うと、ブログを軸にした働き方を実践しているので、基本的にいつ休んでも問題ありません。

 

なので、たまに会社勤めの人にできない平日に休みを取って、自由に過ごすようにしています。

 

休みを取った日ですが・・・

・たまに都内の神社を巡って、あんみつを食べる

・浅草にふらっと行ってみて、食べ歩きしてみる

・平日の空いている時間帯に、映画館や話題のお店に行く

・日帰りで旅行を楽しむ

 

と、こんな具合に平日にやりたいことをやって、リフレッシュするようにしています。

 

土日祝日に休むよりは平日に休んだ方が、なんというかお得感を感じるんですよね。

フリーランスの特権を使っている感じがして、ちょっとだけ優越感を感じます。

 

あと孤独感もだいぶ薄まるので、僕としてはなかなかおすすめな対処法ですよ。

 

今回のまとめです

はい、というわけで今回はフリーランスで孤独を楽しめる人は強いという話と。

おすすめな孤独との付き合い方について解説していきました。

 

改めて、おさらいしますと

1・情報をインプットする

2・オンラインのコミュニティに参加する

3・たまにはやりたい事をやる

4・孤独に対する考え方を変える

5・友達や知人に会う予定を作る

6・会社勤めの人にできないことをやる

 

という内容でしたね。

 

フリーランスや個人事業主に孤独はつきものです。

 

孤独に押しつぶされて、精神的に苦痛を感じる日々を送るのか。

はたまた孤独と上手く付き合って、自分なりに充実した日々を送るのか。

 

僕だったら、やっぱり後者の方を選びたいです。

 

今まさにフリーランスで孤独を感じていて辛い・・という方も、孤独に対する考え方を変えていけば、徐々に孤独を受け入れていけると思うんですね。

孤独を受け入れて、孤独であることを楽しめるようになれば、精神的に充実した毎日を送れるようになります。

 

是非、今回の記事を参考にしてみてください。

ではでは、また次回お会いしましょう。

最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG