Windows10-コピペ(コピーペースト・貼り付け)ができない時の対処法8選

<スポンサーリンク>

どうも~こんにちは、サケです。

今回の記事では

「Windows10でいきなりコピペが出来なくなった」

「Windows10パソコンでコピーペーストが出来なくて困っている、対処法を教えて」

 

こんなトラブルを解決していきます。

 

Windows10のパソコンを使っていると、たまに突然コピー&ペースト、通称コピペができなくなることがあります。

「Ctrl + C」でコピーして「Ctrl + V」でペースト(貼り付け)したつもりでも、全然反応してくれない状態ですね。

 

パソコンの作業でもコピペはかなり多用する機能だと思うので、突然使えなくなるとかなり困ります。

なるべく早めに対処したいところですよね。

 

そこで今回の記事では、Windows10でコピペ(コピーペースト・貼り付け)ができない時の対処法を解説していきます。

 

Sponsored Link

Windows10-コピペ(コピーペースト・貼り付け)ができない時の対処法8選

Windows10-コピペ(コピーペースト・貼り付け)ができない時の対処法

 

では、Windows10でコピペ(コピーペースト・貼り付け)ができない時の対処法は以下の8つです。

1・一度パソコンを再起動する

2・メニューとショートカットキーのコピーペーストを試す

3・クリップボードをリセットする

4・Windowsのアップデートを確認する

5・rdpclip.exeを再起動する

6・セキュリティソフトを停止してみる

7・デスクトップウィンドウマネージャー(dwm.exe)を実行する

8・Windows PowerShellでシステムファイルを修復する

 

順番に見ていきましょう。

 

1・一度パソコンを再起動する

ひとまず、パソコンの機能に何らかの不具合が起きたら再起動するのが手っ取り早い解決法ですね。

パソコン側で一時的なシステムエラーが原因だった場合は、パソコンを再起動するだけでトラブルが解決する場合が多いです。

 

コピペができないトラブルも、だいたい再起動すると直ることが多いようなので、まずはパソコンの再起動を試してみてください。

 

2・メニューとショートカットキーのコピーペーストを試す

Windows10でコピーペーストを行う場合、以下の2つの方法があります。

・マウスを右クリックしてコピー⇒貼り付け(コンテキストメニュー)

・「Ctrl + C」⇒「Ctrl + V」によるショートカットキー

 

それぞれ別々のコピペ方法を試すことで、パソコンのシステム側による不具合かキーボードの物理的な故障なのか、原因の切り分けができます。

念のため、それぞれのコピーペーストのやり方を書いておきますね。

「コンテキストメニューによるコピペ方法」

・ファイルやテキストなどのコピーする範囲をマウスでドラッグして、選択した部分を右クリックして「コピー」をクリックします。

・複製したい場所で右クリックして「貼り付け」をクリックします。

 

「ショートカットキーによるコピペ方法」

・ファイルやテキストなどのコピーする範囲をマウスでドラッグして、選択した状態で「Ctrl + C」キーを同時押ししてコピーします。

・複製したい場所で「Ctrl + V」キーを同時押しでペースト(貼り付け)します。

 

仮にショートカットキーでのみコピペができないとしたら、キーボードが物理的に故障しているか。

もしくは「Ctrl・C・V」のいずれかのキーに何か問題が起こっているのかもしれません。

 

3・クリップボードをリセットする

クリップボードの機能に何らかの不具合が発生していると、コピーペーストの機能が使えなくなることがあるようです。

 

この場合は保存されているクリップボードを一度リセットすることで、コピペ出来るようになるかもしれません。

クリップボードをリセットする手順は以下の通りです。

 

1・画面左下の「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」をクリックします。

 

2・「Windows PowerShell」を起動したら「cmd /c “echo off | clip”」と入力して、Enterキーを押します。

 

3・コマンドを実行したら、そのまま画面を閉じましょう。

 

コマンドを実行したら、コピペの機能が使えるようになっているか確認してみましょう。

 

4・Windowsのアップデートを確認する

Windowsのアップデートがうまくいっていないか、もしくはOSが最新でないことが原因で何らかのシステムエラーを起こしている可能性があります。

 

ですから、Windowsアップデートの画面からWindowsの状態が最新かどうかチェックしてみましょう。

手順は以下の通りです。

 

1・左下の「Windowsマーク」⇒「設定」を選択します。

 

2・設定画面の「更新とセキュリティ」をクリックします。

 

3・左メニューで「Windows Update」が選択されている状態で、右メニューの「更新プログラムのチェック」をクリックします。

 

4・アップデートのチェックとインストールが開始されます。

 

ここで「ダウンロード」「再起動」などのボタンが表示されたら、更新を適用してパソコンを最新の状態にしましょう。

再起動してWindowsを最新の状態に更新できたら、コピペできるようになったかチェックしてみてください。

 

5・rdpclip.exeを再起動する

仮にリモートデスクトップ(RDP)を利用している最中にいきなりコピペ出来なくなった場合。

システムプロセスの「rdpclip.exe」に何か問題が起きている可能性が高いです。

 

リモートデスクトップとはパソコンを遠隔操作する機能のこと。

そして「rdpclip.exe」とは、リモートデスクトップ接続で使用する実行ファイルのことですね。

 

ちなみに、再起動するべき「rdpclip.exe」はリモート先で動いているパソコンの中にあります。

なので、再起動する場合はリモート先のパソコンのタスクマネージャーから「rdpclip.exe」を再起動する必要があるわけです。

手順は以下の通りになります。

 

1・リモート先のパソコンの「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」をクリックします。

 

2・タスクマネージャーの「プロセス」タブを選択して、一覧から「rdpclip.exe」もしくは「RDPクリップボードモニター」を右クリックして「タスクの終了」をクリックします。

 

3・タスクマネージャーの「ファイル」⇒「新しいタスクの実行」をクリックします。

 

4・「rdpclip.exe」と入力して「このタスクに管理者権限を付与して作成します。」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

 

5・プロセス内に「rdpclip.exe」もしくは「RDPクリップボードモニター」が表示されているか確認してください。

 

見当たらない場合は、タスクマネージャーを一旦閉じて再起動してみましょう。

rdpclip.exeを再起動できたら、コピペ出来るようになっているか確認してみてください。

 

6・セキュリティソフトを停止してみる

セキュリティソフトソフトの機能が原因で、コピペの機能が使えなくなるケースがあります。

なので、稼働中のセキュリティソフトを一時停止して、コピペの機能が復活するか試してみるのもいいですね。

 

セキュリティソフトの停止方法は各メーカーによって違いますが、だいたい以下の手順で一時停止できると思います。

1・タスクバーの右下のインジケータ部分をクリックして「セキュリティソフト」のアイコンを右クリックする

2・セキュリティソフトのアイコンをクリックして、「無効」「停止」をクリックする

 

ちなみに「Avast(アバスト)」のセキュリティソフトの一時停止方法は以下の通りです。

 

1・タスクバーの右下の赤枠のインジケータ部分をクリックして「Avast」のアイコンを右クリックする。

 

2・「アバストシールド制御」⇒ 停止する種類を選ぶ。

 

コピペできるかどうか確認するだけなら「10分間無効にする」を選択するといいと思います。

永久に無効にすると、再起動かけてもセキュリティソフトが無効になってしまうので、あまりおすすめしないですよ。

 

仮にセキュリティソフトを停止した後にコピペの機能が使えたら、セキュリティソフトに問題があったということになります。

その場合は以下の案を検討してみてください。

・セキュリティソフトをアップデートする

・一旦アンインストールして再インストールする

・Windows標準のセキュリティに戻す

・他のセキュリティソフトの導入を考える

 

7・デスクトップウィンドウマネージャー(dwm.exe)を実行する

デスクトップウィンドウマネージャーが起動していないことが原因で、コピーペーストの機能が使えなくなっているのかもしれません。

 

「デスクトップウィンドウマネージャー(dwm.exe)」とは、画面の描画を管理するためのプログラムのこと。

主な役割はウィンドウごとの処理の管理や、複数のウィンドウ表示をスムーズにするために欠かせない機能となります。

 

それで、このデスクトップウィンドウマネージャーが動いていないと、コピペの機能がうまく機能しなくなるというんですね。

この場合は以下の手順で「dwm.exe」を手動で実行してみましょう。

 

1・左下の「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。

 

2・入力欄に「C:\Windows\System32」と入力して「OK」をクリックします。

 

3・ファイル名の一覧から「dwm.exe」を探し出し、右クリックして「管理者として実行」をクリックします。

 

「dwm.exe」を実行したら、コピペの機能が使えるようになっているか確認してみましょう。

 

8・Windows PowerShellでシステムファイルを修復する

ここまで試してダメな場合、システムファイルが破損している可能性があります。

なので、Windows PowerShellでシステムファイルの修復を試してみましょう。

 

1・左下の「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。

 

2・Windows PowerShellを起動したら「sfc /scannow」と入力して「Enter」キーを押します。

 

3・コマンドを実行すると、システムファイルチェッカーによって問題のあるレジストリがチェックされます。

ここでレジストリに問題があれば自動修復されますよ。

 

4・「検証100%が完了しました」と表示されればOKです。

 

システムファイルの修復を行ったらパソコンを再起動して、コピペの機能が使えるようになっているか確認してみましょう。

 

今回のまとめです

というわけで今回は、Windows10でコピペ(コピーペースト・貼り付け)ができない時の対処法を解説しました。

改めて内容をおさらいすると、以下の8つでしたね。

1・一度パソコンを再起動する

2・メニューとショートカットキーのコピーペーストを試す

3・クリップボードをリセットする

4・Windowsのアップデートを確認する

5・rdpclip.exeを再起動する

6・セキュリティソフトを停止してみる

7・デスクトップウィンドウマネージャー(dwm.exe)を実行する

8・Windows PowerShellでシステムファイルを修復する

 

Windows10の機能の中でもでもコピペ(コピーペースト)はかなり頻繁に使う機能だと思います。

あと「Ctrl + C」でコピして「Ctrl+V」で貼り付けの機能も同様ですね。

 

これらのコピペ機能が使えなくなると作業効率にかなり影響すると思うので、今回紹介した対処法をぜひ試してみてください。

 

今回の記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

引き続き、他のWindows10関連の記事はいかがでしょうか。

ぜひご覧ください。

 

<スポンサーリンク>
最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG