【Windows10】GoogleChromeが頻繁にクラッシュして落ちる時の対処法

<スポンサーリンク>

どうも~こんにちは、サケです。

今回の記事では

「Windows10でGoogleChromeが頻繁にクラッシュしてしまう」

「GoogleChromeを起動するとすぐクラッシュして落ちてしまう、対処法を教えて」

 

こんなトラブルを解決していきます。

 

パソコンのブラウザの中でも優秀なブラウザとして知られる「GoogleChrome」

Windows10でも、多くの人がこのブラウザを使っているんじゃないでしょうか。

 

ただ、ごくたまにGoogleChromeのバージョンアップを行うと、クラッシュして落ちるというトラブルが発生することがあります。

ブラウザを起動したり、使っている途中に頻繁にクラッシュして落ちるという症状なので、結構厄介な状態といえます。

 

GoogleChromeをメインブラウザとして使っている人にとっては、かなり困った状況ですよね。

なるべく早めに対処したいところです。

 

というわけで今回は、Windows10でGoogleChromeが頻繁にクラッシュして落ちる時の対処法を解説していきます。

 

Sponsored Link

【Windows10】GoogleChromeが頻繁にクラッシュして落ちる時の対処法7選

【Windows10】GoogleChromeが頻繁にクラッシュして落ちる時の対処法

 

では、Windows10でGoogleChromeが頻繁にクラッシュして落ちる時の対処法を7つ解説していきます。

1・ChromeのキャッシュやCookieのデータを削除する

2・拡張機能をオフにする

3・パソコン本体のストレージ容量を確認する

4・セキュリティソフトを最新版に更新する

5・WindowsのOSを最新版にアップデートする

6・GoogleChromeのシステムの設定を変更する

7・GoogleChromeの再インストールを試す

 

順番に見ていきますね。

 

1・ChromeのキャッシュやCookieのデータを削除する

GoogleChromeに溜まっているキャッシュやCookieなどのデータが、ブラウザの動きを不安定にしている可能性があります。

なので、キャッシュやCookieを削除していきましょう。

手順は以下の通りです。

 

1・GoogleChromeの画面右上にある縦の「…」をクリックして「その他ツール」⇒「閲覧履歴を消去」を選択します。

 

2・「閲覧履歴」「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」の3つにチェックを入れて「データを削除」をクリックします。

 

3・キャッシュを削除したら一度GoogleChromeを全て閉じて、再起動してみてください。

 

その後で動作が安定するか様子を見ましょう。

 

2・拡張機能をオフにする

GoogleChromeの拡張機能が、ブラウザの動作に何か影響を与えている可能性があります。

この場合は一度拡張機能をオフにして、何の拡張機能が悪さしているのか原因を特定していきましょう。

 

手順は以下の通りです。

 

1・GoogleChromeの画面右上にある縦の「…」をクリックして「その他ツール」⇒「拡張機能」をクリックします。

 

2・一旦全ての拡張機能をオフにして、その状態でChromeを再起動してみましょう。

 

仮にこれでGoogleChromeの動作が安定するなら、拡張機能のどれかが悪さをしていることになります。

あとは、拡張機能を1つずつオンとオフに切り替えて、どの機能をオンにしたらクラッシュするか原因を特定していきましょう。

 

3・パソコン本体のストレージ容量を確認する

もしくはパソコン本体のストレージ容量が原因になっている可能性があります。

 

ストレージ容量が十分にあると、GoogleChromeの動作も安定しやすくなります。

しかし、容量が不足するとキャッシュの書き込みや蓄積に問題が起こって動作が不安定になるんですね。

 

なので、パソコンの今の容量がどれくらい残っているか確認してみてください。

空き容量が「10GB以下」になっている場合は、以下の方法で容量を増やしてみましょう。

 

・容量が大きい動画やサイズの大きい画像データを削除する

・不要なアプリケーションをアンイストールする

・外付けの大容量HDDを購入して、データを移す

・ごみ箱の中身を空にする

 

空き容量を十分に確保できたら、一旦GoogleChromeを終了して再起動してみてください。

ブラウザがクラッシュしないかどうか、確認してみましょう。

 

4・セキュリティソフトを最新版に更新する

セキュリティソフトのバージョンが古いままだと、ソフトとGoogleChromeとの間で互換性が合わなくなりクラッシュの原因になるようです。

 

なので、セキュリティソフトを起動してちゃんと更新されているか確認してみましょう。

最新版への更新がまだだったら、ソフトの更新を行ってGoogleChromeが正常に動作するか確認してみてください。

 

5・WindowsのOSを最新版にアップデートする

WindowsのOSを最新版にしておかないと、GoogleChromeが読み込めなかったりクラッシュの原因になったりするようです。

 

なので、更新プログラムをインストールしてOSを最新版にアップデートしましょう。

手順は以下の通りです。

 

1・画面左下の「Windowsマーク」⇒「設定」を選択します。

 

2・設定画面の「更新とセキュリティ」をクリックします。

 

3・「更新プログラムのチェック」をクリックして、新しい更新ファイルがきていないか確認します。

 

ここで「ダウンロード」などの表示が出てきたら、OSのアップデートを行いパソコンを再起動しましょう。

再起動後にGoogleChromeを起動してクラッシュしないかどうか、確認してください。

 

6・GoogleChromeのシステムの設定を変更する

パソコンではなく、GoogleChrome側の設定を変更することで症状が改善する可能性があります。

 

それぞれ以下の項目をチェックしてみてください。

・バックグラウンドアプリの処理を続行しない設定にする

・ハードウェアアクセラレーションをオフに設定

簡単に解説していきます。

 

バックグラウンドアプリの処理を続行しない設定にする

GoogleChromeはブラウザを閉じている間でも、メモリ上では起動したままの状態だったりします。

この状態が続くとメモリを大量に使用するので、クラッシュの原因になることがあるんですね。

 

なので、Chrome側の設定でバックグラウンドアプリの処理を停止させましょう。

手順は以下の通りです。

 

1・URLのアドレスバーに「chrome://settings/system」と入力して、設定画面に直接アクセスします。

 

2・「Google Chrome を閉じた際にバックグラウンド アプリの処理を続行する」をオフにします。

 

設定をオフにしたら、GoogleChromeを再起動して動作を確認してみましょう。

 

ハードウェアアクセラレーションをオフに設定

GoogleChromeの「ハードウェアアクセラレーション」とは、簡単に言うとパソコンのパフォーマンスを改善する機能のこと。

 

普通はCPUに任せている演算処理を、画像処理に特化した「GPU」に任せることでパソコン全体の動作を改善するわけですね。

つまり、映像や画像系の処理は「CPU」ではなく「GPU」に任せようというのが、ハードウェアアクセラレーションになります。

 

通常はこの機能をオンにするとGoogleChromeの動作が速くなるんですが、相性の問題で逆に遅くなるケースがあるんですね。

なので無効化していきましょう。

手順はさきほどとほとんど同じです。

 

1・URLのアドレスバーに「chrome://settings/system」と入力して、設定画面に直接アクセス。

 

2・「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」のスイッチをオフにします。

 

オフにしたら、GoogleChromeを再起動して正常に動作するか確認しましょう。

 

7・GoogleChromeの再インストールを試す

ここまで試してダメなら、GoogleChromeの設定ファイルが一部破損している可能性があります。

なので一旦GoogleChromeをアンイストールして再インストールを試してみましょう。

 

1・まずは起動しているGoogleChromeを全て閉じます。

 

2・「Windowsマーク」⇒「設定」と選択します。

 

3・設定画面の「アプリ」をクリックします。

 

4・アプリ一覧から「Google Chrome」を選択して「アンイストール」をクリックします。

 

5・ウィザードに従い、アンイストールを完了させます。

 

6・無事にアンイストールできたらGoogleChromeのダウンロードサイトで最新版のGoogleChromeをダウンロードします。

 

7・あとはインストーラーに従って、GoogleChromeをインストールしていきましょう。

 

GoogleChromeのインストールが完了したら、ブラウザの動作をチェックしてみてください。

 

今回のまとめです

というわけで今回は、Windows10でGoogleChromeが頻繁にクラッシュして落ちる時の対処法を解説しました。

改めて内容をおさらいすると、以下の7点でしたね。

1・ChromeのキャッシュやCookieのデータを削除する

2・拡張機能をオフにする

3・パソコン本体のストレージ容量を確認する

4・セキュリティソフトを最新版に更新する

5・WindowsのOSを最新版にアップデートする

6・GoogleChromeのシステムの設定を変更する

7・GoogleChromeの再インストールを試す

 

パソコンでの作業や仕事はもちろんのこと、プラベートでもGoogleChromeをメインブラウザに使っている人は多いと思います。

なので頻繁にクラッシュしたりするようになると、かなり困りますよね。

 

GoogleChromeが頻繁にクラッシュする不具合が出始めたら、今回解説した対処法をぜひ試してみてください。

 

今回の記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

引き続き、他のWindows10関連の記事はいかがでしょうか。

ぜひご覧ください。

 

<スポンサーリンク>
最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG