Windows10パソコンでBluetoothが消えた!有効にできない時の対処法5選

Sponsored Link

どうも~こんにちは、サケです。

 

今回の記事では

「Windows10のパソコンでいきなりBluetoothが消えた」

「Bluetoothを有効にできない時の対処法を教えてほしい」

 

このトラブルを解決していきます。

 

Bluetoothって便利ですよね。

ワイヤレスでマウスやキーボードを接続できるので、利用している人は多いと思います。

 

しかし、パソコンを使っていると

「あれ、なんかいきなりBluetoothが消えたんだけど・・!?」

と、困った状況が出てくることがあります。

 

Bluetoothでマウスやキーボードを接続しているのに、消えてしまったら作業になりませんよね(汗

というわけで今回は、Windows10のパソコンでBluetoothが消えた時の対処法を解説していきます。

 

Sponsored Link

Windows10パソコンでBluetoothが消えた!有効にできない時の対処法5選

Windows10パソコンでBluetoothが消えた!有効にできない時の対処法

 

Windows10パソコンでBluetoothが消えた、有効にできない時の対処法は以下の5つです。

1・機内モードになっていないか確認する

2・トラブルシューティツールで検証する

3・Windows10の完全シャットダウンを実行する

4・高速スタートアップを無効にする

5・電源プラグを抜き差ししてから再起動する

 

順番に見ていきましょう。

 

1・機内モードになっていないか確認する

機内モードがオンになっていると、Wi-FiやBluetoothなどの通信機能が強制的に無効化されます。

なので、まずは機内モードがオンになっていないか確認しましょう。

 

1・左下の「Windowsスタートメニュー」⇒「設定」をクリックします。

 

2・設定画面の「ネットワークとインターネット」を選択します。

「ネットワークとインターネット」

 

3・左欄の「機内モード」を選択して、機内モードがオンになっていたら「オフ」にします。

 

2・トラブルシューティツールで検証する

機内モードが関係なさそうなら「トラブルシューティングツール」を使ってみましょう。

 

1・「Windowsスタートメニュー」⇒「設定」とクリックします。

 

2・設定画面を開いたら「更新とセキュリティ」をクリックします。

更新とセキュリティ

 

3・左欄の「トラブルシューティング」を選択し「追加のトラブルシューティング」をクリックします。

追加のトラブルシューティング

 

4・「その他の問題の検出と解決」グループの「Bluetooth」をクリックします。

 

5・「トラブルシューティングツールの実行」をクリックします。

トラブルシューティングツールの実行

 

あとはパソコンが自動的に問題点を検出して、解決策を表示してくれます。

 

ちなみに僕のパソコン環境では「デバイスにBluetoothが搭載されていません」と表示されました。

 

3・Windows10の完全シャットダウンを実行する

3つ目はWindows10の完全シャットダウンを実行すること。

 

パソコンに慣れていない人からすると「完全シャットダウン」は聞き覚えがないかもしれません。

通常のシャットダウンとの違いは以下の通りですね。

「通常のシャットダウン」

次にパソコンの起動を早くするために、一部のシステム情報を保持したままシャットダウンすること。

(これを高速スタートアップといいます)

次のパソコン起動は速くなるものの、デバイスなどの不具合もそのままの状態で起動されることがある。

 

「完全シャットダウン」

一部のシステム情報を保持せずに、デバイスや周辺機器含めて完全に電源を落とすこと。

通常のシャットダウンや再起動で解決しない問題が、解決する可能性がある。

 

このため、何かトラブルが起こっている場合は完全シャットダウンを実行すると直るケースが多いですね。

 

完全シャットダウンのやり方は以下の通り、といってもすごく簡単ですよ。

 

1・左下の「Windowsスタートメニュー」⇒「Shiftキーを押しながら電源マークをクリック」⇒「Shiftキーを押しながらシャットダウンをクリック」

これだけです。

 

もしもBluetoothキーボードを使っていて、キーボードが使えないんだけど・・・

こういった方は、スクリーンキーボードを活用してみましょう。

 

1・「Windowsスタートメニュー」⇒「Windows簡単操作」⇒「スクリーンキーボード」をクリックします。

スクリーンキーボード

 

2・「Shiftキー」をクリックした状態で、パソコンをシャットダウンしてください。

 

電源が切れたら、パソコンを再起動してBluetoothが復活してるか確認しましょう。

 

4・高速スタートアップを無効にする

高速スタートアップ機能の無効化も試してみましょう。

 

さきほどちょろっと書きましたが「高速スタートアップ」とは、パソコンをより高速で起動するための機能のこと。

次にパソコンをより速く起動するため、シャットダウンする時にメモリやCPUなどの状態を保存します。

 

ただ、この時にデバイスの状態も保存されてしまうんです。

そうなると、デバイスドライバがおかしい状態でパソコンが起動されるので、再起動してもドライバの不具合が解決しない・・

 

こういう事態に陥ってしまうんですね。

仮にBluetoothドライバの不具合が原因だとすると、高速スタートアップが有効になっている関係で不具合が解決しないのかもしれません。

 

高速スタートアップを無効にする手順は以下の通りです。

 

1・左下の「Windowsスタートメニュー」⇒「設定」をクリックします。

 

2・設定画面の「システム」をクリックします。

 

3・左メニューの「電源とスリープ」を選択し「電源の追加設定」をクリックします。

電源の追加設定

 

4・左メニューの「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

電源ボタンの動作を選択する

 

5・「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

 

6・すると「シャットダウン設定」を変更できるようになるので「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外します。

 

7・あとは「変更を保存」をクリックすれば、高速スタートアップが無効になります。

 

高速スタートアップを無効化してシャットダウンすると、パソコンを完全にシャットダウンできます。

 

5・電源プラグを抜き差ししてから再起動する

 

仮にこれまでの対処法を試してBluetoothが復活しなかった場合。

盲点かもしれませんが「電源プラグを抜き差しして再起動する」を試してみるといいかもしれません。

 

パソコンは電子機器ですから、ずっと使っていると微量ながら帯電していきます。

この帯電が、パソコンで何かしらのエラーを引き起こす恐れがあるんですね。

 

なので、一度電源プラグを抜いて放電処置を行い、パソコンのデバイス上の情報などをリセットすれば問題が解決するかもしれません。

 

ちなみに、電源プラグを抜き差ししても、ファイルやソフトが消えるといったことはありません。

ただ、日付や時間などがリセットされるケースもあるので、電源プラグの抜き差しをしたら基本設定だけはチェックしておきましょう。

 

一応手順を書いておきます。

「デスクトップパソコンの場合」

・パソコンの電源を切る

・電源プラグをコンセントから引き抜く

・30秒~5分程度置いてから、再度電源を入れる

 

「ノートパソコンの場合」

・パソコンの電源を切る

・バッテリーを取り外す

・電源プラグをコンセントから引き抜く

・30秒~5分程度置いてから、再度電源を入れる

 

デスクトップとノートパソコンの違いは、バッテリーを取り外すかどうかだけです。

パソコンを再起動したら、Bluetoothが復活しているか確認しましょう。

 

Sponsored Link

 

今回のまとめです

というわけで今回はWindows10パソコンでBluetoothが消えた、有効にできない時の対処法を解説しました。

 

内容を改めておさらいすると、以下の5つでしたね。

1・機内モードになっていないか確認する

2・トラブルシューティツールで検証する

3・Windows10の完全シャットダウンを実行する

4・高速スタートアップを無効にする

5・電源プラグを抜き差ししてから再起動する

 

だいたい「Windowsの完全シャットダウン」「高速スタートアップを無効にする」の対処法でBluetoothは復活するかと思います。

それでもダメなら、電源プラグを抜き差しして放電処置を行ってから再起動してみてください。

 

今回の記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

引き続き、他のWindows10関連の記事はいかがでしょうか。

ぜひご覧ください。

 

 

 

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG