Windows10-フォトの起動が遅いし重い!画像表示に時間がかかる時の対処法

<スポンサーリンク>

どうも~こんにちは、サケです。

今回の記事では

「Windows10でMicrosoft フォトがすごく遅い」

「フォトアプリの起動が重くて画像表示に時間がかかる、対処法を教えて」

 

こんなトラブルを解決していきます。

 

Windows10でjpegやpngなどの画像データを開く際。

デフォルトでは「Microsoftフォト」のアプリで開くように設定されています。

 

他の画像ビューアーに比べて若干動作が重いのが難点ですが、簡単な画像編集なども出来るのでそれなりに優秀な画像ビューアーアプリなんですよね。

 

ただ、パソコン側のシステムの不具合やバグによって、フォトの起動が異常に遅いし重いという状態になることがあります。

こうなると、画像表示にかなり時間がかかるようになるんですよね。

 

ただのjpeg画像を開くのに数十秒かかると、作業効率に影響しますしイライラの元にもなるでしょう。

なるべく早めに対処したいところです。

 

というわけで今回は、Windows10でフォトの起動が遅いし重い、画像表示に時間がかかる時の対処法を解説していきます。

 

Sponsored Link

Windows10-フォトの起動が遅いし重い!画像表示に時間がかかる時の対処法7選

Windows10-フォトの起動が遅いし重い!画像表示に時間がかかる時の対処法

 

ではWindows10でフォトの起動が遅いし重い、画像表示に時間がかかる時の対処法を7つ解説していきます。

1・フォトアプリに関連する不要な機能を停止する

2・Microsoft フォトの「修復」と「リセット」を試す

3・不要なバックグラウンドアプリを停止する

4・不要なスタートアップアプリを停止する

5・ドライブを最適化する

6・フォトを再インストールし直す

7・動作の軽い画像ビューアーに切り替える

 

順番に解説していきますね。

 

1・フォトアプリに関連する不要な機能を停止する

「Microsoft フォト」はただの画像ビューアーではなく、簡単な画像編集や動画編集も行えるなかなか優秀なアプリです。

他にもOneDriveとのリンク機能など、画像表示以外にも多彩な機能が搭載されています。

 

ただ、これらの多彩な機能がフォトの起動や動作を遅くしている可能性があるんですね。

なのでフォトの起動や動作が遅い場合は、フォトに関連する不要な機能を停止していきましょう。

 

ここでオフにする機能は

・OneDriveコンテンツを表示

・人物機能(顔認識によるグループ分け機能)

 

になります。

手順は以下の通りです。

 

1・「Microsoft フォト」を起動します。スタートメニューの一覧から探すか、検索フォームに「フォト」と入力してクリックしましょう。

 

2・「フォト」の画面の右上にある「…」をクリックして「設定」を選択します。

 

3・「OneDrive(クラウドのみ)のコンテンツを表示する」のスイッチを「オフ」に切り替えます。

 

4・更に「人物」の項目の下にあるスイッチを「オフ」にします。

 

2・Microsoft フォトの「修復」と「リセット」を試す

フォトを使用していると徐々にキャッシュが溜まっていき、それが原因で動作が遅く重くなるケースがあります。

 

この場合はフォトの「修復」「リセット」の機能を実行して、症状が改善されるか試してみましょう。

手順は以下の通りです。

 

1・画面左下の「Windowsマーク」⇒「設定」を選択します。

 

2・設定画面の「アプリ」をクリックします。

 

3・アプリと機能の一覧から「Microsoft フォト」を探し出してクリックして「詳細オプション」をクリックします。

 

探すのが面倒な場合は検索欄に「フォト」と入力すると、すぐに表示されますよ。

 

4・管理画面を開いたら、まずは「リセット」項目の「修復」をクリックします。

 

これでフォトの異常に遅いし重い状態が改善されればOKです。

 

5・しかし、これで改善されない場合は「リセット」をクリックしましょう。

リセットをクリックするとフォトの状態が初期設定に戻されるので、そこを踏まえて実行してください。

 

フォトアプリの不具合は、だいたい「修復・リセット」で改善されるケースが多いです。

 

3・不要なバックグラウンドアプリを停止する

不要なバックグラウンドアプリを停止することで、パソコンのメモリ使用量を抑えることができます。

 

結果としてパソコンの動作が軽くなるので、フォトの起動や動作が遅いトラブルも解消されるかもしれません。

手順は以下の通りです。

 

1・「Windowsマーク」⇒「設定」と選択します。

 

2・設定画面の「プライバシー」をクリックします。

 

3・左メニューの「バックグラウンドアプリ」を選択して、右メニューの一覧から不要なアプリを選んでスイッチを「オフ」にしていきましょう。

 

4・不要なスタートアップアプリを停止する

もしくは不要なスタートアップアプリを停止していきましょう。

 

「スタートアップアプリ」とは、パソコンを起動すると同時に自動的に立ち上がるアプリのこと。

パソコン起動と同時に立ち上がるので、よく使用するアプリが自動起動する分には便利な機能といえます。

 

ただ、中には不要なアプリもスタートアップに登録されていることがあるので、その分パソコンの動作を重くしている可能性があるんですね。

なので、不要なスタートアップアプリは停止しておきましょう。

手順は以下の通りです。

 

1・「Windowsマーク」⇒「設定」と選択します。

 

2・設定画面の「アプリ」をクリックします。

 

3・左メニューの「スタートアップ」をクリックして、右メニューの一覧からスタートアップを停止したいアプリのスイッチを「オフ」にします。

だいたい「影響:なし~小」あたりのアプリを優先的にオフにしていくといいと思います。

 

5・ドライブを最適化する

もしくはドライブの最適化を試してみましょう。

 

パソコンで作業をしていると、ファイルの保存や削除を繰り返し行いますよね。

その際にデータがバラバラになって断片化していき、その影響でファイルの読み込みが遅くなることがあるんです。

 

ドライブの最適化はこのバラバラになったデータを整理整頓して、読み込み速度を復活させる効果があるわけですね。

ドライブの最適化を実行して低下していたパソコンのパフォーマンスが元に戻れば、フォトアプリの動作も軽くなるかもしれません。

 

手順は以下の通りです。

 

1・適当なエクスプローラーを開いて左メニューの「PC」をクリックします。

 

2・ハードディスクのアイコンを右クリックして「プロパティ」をクリックします。

 

3・「ツール」タブを選択して「最適化」をクリックしましょう。

 

数分ほど待っていると最適化が完了するので、フォトの動作が軽くなっているか確認してみてください。

 

6・フォトを再インストールし直す

フォトの「修復・リセット」やパソコン側の高速化対策を行っても症状が改善されない場合。

フォトアプリを再インストールし直してみましょう。

 

一度アンイストールしてから再インストールを行うので、フォトに関する設定は全て初期化されます。

そこを踏まえてこの先の作業を行いましょう。

手順は以下の通りです。

 

1・「Windowsマーク」を右クリック⇒「Windows PowerShell(管理者)」と選択します。

ユーザーアカウント制御の画面が出るので「はい」をクリックして先に進みましょう。

 

2・「Windows PowerShell」が起動するので、以下のコードをウィンドウ内に入力して「Enter」を押します。

get-appxpackage *Microsoft.Windows.Photos* | remove-appxpackage

 

3・「初期化済み」と表示されて消えたら「Windows PowerShell」の画面を閉じます。

念のため、アプリ一覧で検索して「Microsoftフォト」がパソコンから消えているか確認しておきましょう。

 

これで「Microsoftフォト」のアンイストールが完了します。

次に「Microsoftフォト」を再インストールしていきましょう。

 

4・画面左下の「Windowsマーク」⇒「Microsoft Store」をクリックします。

 

5・Microsoft Storeの画面が表示されたら、検索フォームに「フォト」と入力します。

すると、検索候補に「Microsoft フォト」が出てくるのでクリックしましょう。

 

6・「Microsoftフォト」の詳細画面が表示されるので「入手」をクリックします。

 

7・クリックするとアプリのインストールが開始されます。

「この製品はインストール済みです。」と表示されれば、再インストールは完了です。

 

アプリ一覧などで「フォト」がインストールされていることを確認したら、念のためパソコンを再起動しておきましょう。

再起動後にフォトの起動や動作が正常になっているか、確認してみてください。

 

7・動作の軽い画像ビューアーに切り替える

もしくは、この際「フォト」ではなく別の動作の軽い画像ビューアーに切り替えるのも1つの選択肢ですね。

 

冒頭でもちょっと書きましたが「Microsoft フォト」は色々多機能な反面、起動や動作がちょっと重いというデメリットがあります。

とりあえず画像をサクサク開いて閲覧したいという方にとっては、ちょっと扱いにくいんですよね。

 

なので、起動や動作が軽い画像ビューアーに切り替えるのは全然アリだと思いますよ。

 

個人的におすすめする画像ビューアーは以下の3つですね。

・IrfanView

・Honeyview

・Restore Windows Photo Viewer to Windows 10

 

この中でも、Windows8.1まで利用できていた以前の「Windows フォトビューアー」が良かったという方は「Restore Windows Photo Viewer to Windows 10」が一番おすすめかもしれません。

 

以前はレジストリを編集して無理やり「Windows フォトビューアー」を使えるようにする方法とかあったみたいです。

でも「Restore Windows Photo Viewer to Windows 10」をインストールすれば、その問題もすぐ解決します。

 

以下の記事で「Restore Windows Photo Viewer to Windows 10」のダウンロードから既定のアプリに設定する手順を解説しています。

参考にしてみてください。

 

⇒⇒⇒Windows10-フォトが起動しないし開かない・表示されない時の対処法5選

 

今回のまとめです

というわけで今回は、Windows10でフォトが遅いし重い、画像表示に時間がかかる時の対処法を解説しました。

内容を改めておさらいすると、以下の7つでしたね。

1・フォトアプリに関連する不要な機能を停止する

2・Microsoft フォトの「修復」と「リセット」を試す

3・不要なバックグラウンドアプリを停止する

4・不要なスタートアップアプリを停止する

5・ドライブを最適化する

6・フォトを再インストールし直す

7・動作の軽い画像ビューアーに切り替える

 

特に不具合がない場合は許容範囲内の遅さですが・・・

パソコンの性能が問題ないレベルなのに画像を開くのに数十秒以上かかるようなら、何らかの不具合が発生している可能性が高いです。

 

その場合は今回紹介した対処法をぜひ試してみてくださいね。

あまりにフォトの起動が重いようなら、動作の軽い画像ビューアーを使うことも検討してみましょう。

 

今回の記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

引き続き、他のWindows10関連の記事はいかがでしょうか。

ぜひご覧ください。

 

<スポンサーリンク>
最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG