【Windows10】ロック画面(スポットライト画像)が変わらない時の対処法6選

Sponsored Link

どうも~こんにちは、サケです。

 

今回の記事では

「パソコン起動直後のロック画面の背景画像が変わらなくなってしまった」

「何日も同じ画像なのも飽きてきたので、なんとかしたい」

 

このトラブルを解決していきます。

 

Windows10では、パソコン起動直後のロック画面にランダムで背景画像を表示させる「Windowsスポットライト」という機能があります。

なんてことない機能ですけど、毎日ランダムで美麗な画像が表示されるのは気分がいいものです。

 

しかし、ふと気がつくとロック画面の背景画像が、ずっと同じもので固定されてしまうことがあるんですね。

パソコンを利用するのに不自由はないものの、変わらないとなんだか気持ち悪いと感じる人もいるでしょう。

 

この記事では、Windows10環境でロック画面(スポットライト画像)が変わらない時の対処法を解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

Sponsored Link

Windowsの「スポットライト」機能とは

Windowsの「スポットライト」機能

 

最初にWindowsのスポットライト機能について、簡単に解説しておきます。

 

インターネットに接続すると高画質できれいな画像をBing経由でダウンロード。

そして、ダウンロードした画像からロック画面の背景画像をランダムで自動的に表示してくれる機能です。

 

今回のトラブルは、このロック画面にランダムで表示されるはずの画像が変わらないということですね。

 

Windows10でロック画面(スポットライト画像)が変わらない時の原因

Windows10でロック画面(スポットライト画像)が変わらない時の原因

 

Windows10でロック画面(スポットライト画像)が変わらない時の原因は、だいたい以下の通りですね。

・Windowsのスポットライト関連の設定の問題

・アプリのバックグラウンド実行が許可されていない

・何らかのシステムエラーが発生している

・インターネットが切断されている

 

そもそもインターネットが切断されていると画像をダウンロードできないので、ネット回線に接続していないケース。

もしくは設定関連やシステムエラーなどの問題が考えられます。

 

なので、以下の対処法を順番に試して、原因を切り分けつつ問題を解決していきましょう。

 

Windows10でロック画面(スポットライト画像)が変わらない時の対処法6選

Windows10でロック画面(スポットライト画像)が変わらない時の対処法6選

 

Windows10でロック画面(スポットライト画像)が変わらない時の対処法は、以下の6つです。

1・インターネットの接続状況を確認する

2・バックグラウンドアプリの実行を許可する

3・従量制課金接続をオンにする

4・Windowsスポットライト関連の設定ファイルを削除する

5・Windows Content Delivery Managerの再インストール

6・Windowsスポットライトのレジストリを修正する【バックアップ推奨】

 

順番に見ていきますね。

 

1・インターネットの接続状況を確認する

まずはインターネットの接続状況をを確認しましょう。

 

さきほども解説したように、Windowsスポットライトに表示される画像はインターネットからダウンロードされます。

なので、画像の切り替わりがうまくいっていないということは、インターネットが切断されている可能性があるってことですね。

 

ロック画面の右下にネットワーク回線の状態を示すパソコンのアイコンがあるので、それをクリックすると接続状態を確認できます。

 

接続されていると「ネットワーク接続済み」と出てくるはずです。

 

仮に接続されていなかった場合は

・LANケーブルがちゃんと接続されているか

・ルータはちゃんと動いているか

 

などを確認してみてください。

ルータの設定は機種によって違いますので、マニュアルを確認したりメーカーに問い合わせたりしてみましょう。

 

2・バックグラウンドアプリの実行を許可する

「アプリのバックグラウンド実行を許可する」がオフになっていると、スポットライト機能が動作しません。

なのでバックグラウンドアプリの実行を許可していきましょう。

 

1・左下の「Windowsスタートメニュー」⇒「設定」と選択します。

 

2・設定画面を開いたら「プライバシー」をクリックします。

 

3・左メニューから「バックグラウンドアプリ」を選択し「アプリのバックグラウンド実行を許可する」をオンにします。

アプリのバックグラウンド実行を許可する

 

3・従量制課金接続をオンにする

ノートパソコンなどの場合、Wi-Fiなどの無線LANでインターネット接続していると「従量制課金接続」がオフになっている可能性もあります。

なので「従量制課金接続」がオンになっているか確認しましょう。

 

1・「Windowsスタートメニュー」⇒「設定」をクリック。

 

2・設定画面の「ネットワークとインターネット」をクリックします。

 

3・接続しているWi-Fiをクリックして「従量制課金接続」の項目までスクロールして、オフになっていたらオンにしましょう。

 

4・Windowsスポットライト関連の設定ファイルを削除する

Windowsスポットライト関連の設定ファイルに、問題が起こっている可能性もありますね。

その場合、スポットライト関連の設定ファイルを削除すれば解決可能です。

 

1・まずは設定ファイルが格納されているディレクターを開きます。

Windowsスポットライト設定情報は以下に格納されています、

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\Settings

 

上記のフォルダに格納されているファイルを全て削除してください。

 

2・そのあと、Windowsを再起動します。

 

3・エクスプローラーで以下のフォルダを開きます。

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\LocalState\Assets

 

上記のフォルダにファイルがダウンロードされていれば、ロック画面でスポットライトの画像が切り替わるようになります。

 

5・Windows Content Delivery Managerの再インストール

ここまで対処法で解決しない場合は「Windows Content Delivery Manager」の再インストールを行います。

 

1・「Windowsスタートメニュー」⇒「Windows PowerShell(管理者)」をクリックします。

 

2・「Windows PowerShell」が起動するので以下のコマンドを入力して、Enterキーを押します。

Get-AppxPackage Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager -allusers | foreach {Add-AppxPackage -register “$($_.InstallLocation)¥appxmanifest.xml” -DisableDevelopmentMode}

 

 

3・再インストールが実行されるので、完了したらWindowsを再起動します。

 

再起動したら、だいたい1時間ほどでロック画面が変更されるはずです。

 

6・Windowsスポットライトのレジストリを修正する【バックアップ推奨】

僕のケースはこれが原因でしたね。

 

ロック画面の設定画面を開くと

「一部の設定が組織によって非表示になっているか、管理されています」

と赤文字で表示され、一切の変更が出来なくなっていました。

 

一部の設定が組織によって非表示になっているか、管理されています ロック画面

 

この場合はWindowsスポットライトのレジストリを修正する必要があります。

※ちなみに、レジストリをいじくることになるので、パソコン環境によってはOSがまともに動かなくなる場合があります。

そのため、バックアップはちゃんと取ったうえ自己責任でよろしくお願いします。

 

1・まず検索ボックスに「regedit」と入力して「レジストリエディター」をクリックします。

 

2・以下の順番にフォルダを展開していきます。

・HKEY_LOCAL_MACHINE

・SOFTWARE

・Policies

・Microsoft

・Windows

・Personalization

 

3・「Personalization」まで展開したら、右欄の「NoLockScreen」をダブルクリックします。

 

4・「値のデータ」を「1から0」に変更して、OKをクリックします。

 

5・その後、パソコンを再起動します。

 

すると、以下のようにロック画面が変更できる状態に戻りました。

 

Sponsored Link

 

今回のまとめです

というわけで今回はWindows10でロック画面(スポットライト画像)が変わらない時の対処法を解説しました。

内容を改めておさらいすると、対処法は以下の6つでしたね。

1・インターネットの接続状況を確認する

2・バックグラウンドアプリの実行を許可する

3・従量制課金接続をオンにする

4・Windowsスポットライト関連の設定ファイルを削除する

5・Windows Content Delivery Managerの再インストール

6・Windowsスポットライトのレジストリを修正する【バックアップ推奨】

 

ロック画面が変わらなくても、パソコンを使う分には何の支障もありません。

 

とはいえ、パソコンを起動して背景画像がかわっていると、ちょっとだけ気分がいいですからね。

Windowsのロック画面の画像が変わらないで悩んでいる方は、今回の対処法をぜひ試してみてください。

 

今回の記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

引き続き、他のWindows10関連の記事はいかがでしょうか。

ぜひご覧ください。

 

 

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG