僕が今まで実践してきた集客ノウハウPDFを無料プレゼント中です(100ページ超え)詳細はこちらをクリックッ(準備中・・・)

WordPressブログの収益化が時代遅れとされる理由5つと今後の対策6つ

どうも~こんにちは、サケです。

 

今回の記事では

「WordPressブログで収益化するのは時代遅れって聞いたけど、本当にオワコンなの?」

「WordPressブログがオワコンって言われる理由や、ブログを始めるべきなのか教えて」

 

こういった疑問や悩みにお答えしていきます。

 

昨今は働き方改革が推進されるなか、ブログを始める人や参入する企業も多くなってきました。

 

加えて、検索エンジンからの集客レベルも上がっているので

「WordPressブログで稼ぐのは時代遅れ」

「ブログで収益化するのはオワコン」

そういう意見がだいぶ増えてきていますね。

 

そのため、WordPressブログを始めるべきか、悩んでいる人も多いんじゃないでしょうか。

 

この記事を書いている僕は、2013年頃にブログを開始。

雑記ブログで月140万PV以上を達成した経験があり、現在はブログで生計を立てています。

 

そこで今回はそういう方向けに。

WordPressブログの収益化が時代遅れとされる理由と、今後もブログで稼ぐための対策について解説していきます。

 

この記事を読めば

・WordPressブログはまだまだ時代遅れではない

・今後もブログで稼ぐためにはどうしたらいいのか

 

以上の点が分かるようになりますよ。

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

 

【結論】ブログが時代遅れなのは半分正解で半分間違い

 

まず結論から書きますが、ブログが時代遅れなのは半分正解で半分間違いということ。

 

ここ数年で、検索エンジンから集客する難易度は高くなったと感じます。

副業への関心の高まりからか、多くの人がブログを始めるようになり、更に大手企業もかなり参入してきています。

 

そうなると、競争率が高まるのは当たり前なので、個人ブログで収益化を目指すのは時代遅れと言われるようになったんですね。

そういった意味では、確かにブログは時代遅れと言えるのかもしれません。

 

ただ、それは今までのやり方だと通用しにくくなっただけのこと。

ブログが完全にオワコンになったという訳ではありません。

 

企業が取らないキーワードで記事を書いたり、SNSからYou Tube動画からブログにアクセスを流したり。

戦略を立てて取り組んでいけば、まだまだブログで収益化を目指すことは不可能ではありません。

 

実際、以下の人たちは月100万円以上は稼いでいますからね。

・イケダハヤト

・manablog

・Tsuzuki blog

 

他にもブログで数十万程度の収益化に成功している人なら、ゴロゴロといます。

 

これまでのやり方だと通用しにくくなったという点で、ブログは時代遅れなのかもしれません。

しかし、ちゃんと戦略を練って戦い方を工夫していけば、時代遅れということにはならないはずです。

 

テキストの需要が完全になくなることはない

 

最近の検索エンジンは、You Tubeの動画も表示するようになりました。

そういった関係から「ブログはもうオワコンだ・・」という意見もありますよね。

 

ただ、その意見は正直なところ極端かなーと思います。

そう考える理由は「テキスト=文章」の需要が完全になくなることはないから。

 

最近は電子書籍という形でデジタル化も進んでいますが「読書=文章を読む文化自体」は廃れてはいませんよね。

 

それに、テキストや文章には動画にない以下のメリットがあります。

・自分の好きなペースで読める

・自分の知りたい情報をすぐにチェックできる

・文章で読むことで、思考が整理されやすくなる

・音声より主体的にインプットしていくので、記憶に残りやすい

 

特に何か調べている時は、いち早くその答えを知りたいもの。

 

しかし、動画コンテンツだと、自分の知りたい情報がどこにあるのか分からないんですよね。

動画を小刻みに再生するにしても、20分や30分ある動画だったら、タイムロスが生じてストレスを感じます。

 

しかし、テキストなら知りたい情報の単語で検索すれば、すぐにその内容を見つけられます。

 

だから、むしろブログのようなテキストコンテンツの方がチェックしやすい、という人もいるんですよね。

個人的にはササッと調べ物したい時は、ブログなどのテキストコンテンツの方が助かります。

 

WordPressブログが時代遅れとされる理由5つ

 

次に、WordPressブログが時代遅れとされる5つの理由を解説していきます。

1・検索エンジンの変動が増え、上位表示が難しくなったから

2・サイトの「EAT」が重要視されるようになったから

3・参入するライバルや企業が増えたから

4・有名ブロガーがYouTubeに移動しているから

5・他のビジネスをすすめるために、ブログを踏み台にしているから

 

順番に見ていきますね。

 

1・検索エンジンの変動が増え、上位表示が難しくなったから

 

まずは検索エンジンの変動が増えて、上位表示が難しくなった点。

 

以前はそうでもなかったんですが、ここ数年で検索エンジンのアルゴリズム変動が頻繁に行われるようになりました。

その関係で、記事の検索順位が安定しなくなったのに加えて、上位表示も難しくなってしまったんですね。

 

「一昔前」

・記事タイトルにキーワードを詰め込めば上位表示できた

 

「現在」

・誰がどんな記事を書いているか?有益な情報を提供しているかが重要

 

Google側の仕事は、検索エンジンを使用するユーザーに有益かつ適切な情報を提供すること。

そうしないと、Googleへの評価が下がってしまい、検索エンジンを使ってもらえなくなります。

 

だから、ユーザーにとって役に立たない低品質なサイトを、ふるいにかけています。

 

その関係から小手先なテクニックでは上位表示されなくなり、これまでのやリ方でブログを運営していた人たちが、一気に稼げなくなったわけです。

 

その結果

「もうブログで上位表示できなくなったから、ブログで稼ぐのは難しい」

「ブログを始めるのは時代遅れでオワコンだ」

 

と言われるようになったんですね。

 

2・サイトの「EAT」が重要視されるようになったから

 

2つ目はサイトの「EAT」が重要視されるようになったから。

 

まず「E-A-T」とは、以下の3つの頭文字を取った言葉になります。

・Expertise(専門性)

・Authoritativeness (権威性)

・TrustWorthiness (信頼性)

 

それぞれ「専門性」「権威性」「信頼性」ですね。

 

昨今、Googleはこの3つの要素を重要視するようになっており、この3つの要素を高めることが集客に大きく影響すると言われています。

GoogleのWebマスターのブログでも、以下のように書かれていますね。

品質評価者は、Google が E-A-T と呼ぶ基準に基づいてコンテンツが優れているかを判断するために特別な訓練を受けています。この基準は「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」を意味します。

出典:Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

 

このため、個人ブログはアクセスを集めにくい状況になっているんです。

だから、ブログで稼ぐのは時代遅れ、オワコンと感じる人が多くなったわけです。

 

3・参入するライバルや企業が増えたから

 

副業ブームも手伝ってか、ここ数年でブログを始める人や企業がものすごく増えたように感じます。

特にWebメディアを始める企業や会社が増えたので、個人ブログの戦いは厳しくなっている印象ですね。

 

個人ブログよりも企業系のブログの方が、検索結果で上位表示されやすくなったようにも感じます;

 

そのため

「個人ブログで稼ぐのはもう時代遅れだ」

そう言っているブログ実践者も少なくないです。

 

ただ、個人には企業にはできない戦い方があるので、全く稼げなくなったというわけでもありません。

 

企業が狙わないキーワードで記事を書いたり、ジャンルをうまくずらしたり。

冷静になって手段を考えれば、個人ブログで集客するのはまだ可能ですよ。

 

4・有名ブロガーがYouTubeに移動しているから

 

4つ目は有名ブロガーがYou Tubeに移動しているから。

 

稼いでいる有名ブロガーというと

「イケダハヤトさん」「manablogのマナブさん」

 

このあたりを思い浮かべるんですけど、こういった稼いでいる有名ブロガーさんが「YouTuber」に転身していますよね。

 

「YouTuber」という単語が一般化されて久しいです。

そして、今までブロガーとして活動していた人たちが、どんどん「YouTuber」に移動しているわけです。

 

そうなると、それまでブログを読んでいたファンからすると

「○○さんがYouTubeに移動したってことは、もうブログで稼ぐのは難しくなったのかな」

「ブログはもう時代遅れでオワコンってことなのかな?」

 

こういう考えに流れていくのも、無理もないんじゃないかと。

 

加えて、今後は高速通信の「5G」が導入されます。

従来の4Gに比べて通信スピードが桁違いで「超大容量、超高速、超多接続」に対応しているといいます。

 

そうなると、高画質で大容量の動画もスムーズに楽しめるようになるので、動画優先の時代がやってくると考えた方がいいでしょう。

 

以上の関係もあるので、ブログはもはや時代遅れと言われているんですね。

 

5・他のビジネスをすすめるために、ブログを踏み台にしているから

 

あとは他のビジネスをすすめるために、ブログを踏み台にしているから、というのもありますね。

 

ブログで稼ぐことに興味があったり、現在進行系でブログに取り組んでいる人はたくさんいます。

そういう人たちは共通して「お金を稼ぎたい」という欲求があるはず。

 

その心のすき間をついて

・ブログよりも○○ビジネスの方が即金で稼げますよ

・ブログよりも○○の方が確実に数十万円稼げます

・ブログはもうオワコン!これからは○○の時代です

 

このようにアピールして、自分の商品やビジネス、有料セミナーなどに誘導しようとしているんですね。

 

ブログは時代遅れ、オワコンだと不安を煽る。

その不安でいっぱいになっているところに「ブログに代わる新しい効率的な稼ぎ方」を紹介する。

 

そうすると、情報弱者の人はそのノウハウを高確率で買ってしまうんですね。

 

ノウハウの内容がちゃんとしていればまだいいです。

しかし、中には高額な割に中身がスカスカな詐欺商材もあったりします。

 

こういった側面があるので、ブログを踏み台にして他のビジネスに誘導する流れは、まだ続くと思われます。

 

時代遅れとされるWordPressブログで収益化する方法と対策6つ

 

では、時代遅れとされるWordPressブログで、収益化する方法と対策を紹介していきましょう。

こちら、以下の6つです。

1・SEOに加えてSNSも活用する

2・You Tubeの動画からも集客する

3・ロングテールキーワードから集客を狙う

4・稼いでいる人のブログを観察して真似る

5・読者のことを第一に考えてブログを運営する

6・体験談に基づいたオリジナリティある記事を書く

 

1つずつチェックしていきますね。

 

1・SEOに加えてSNSも活用する

 

先ほども書いたように、検索エンジンのアップデートが頻繁に行われています。

この状況でSEOだけに依存するのは、ちょっとリスキーですよね。

 

なので、各種SNSを活用して、ブログにアクセスを流し込んでいく必要が出てきます。

・Twitter

・Facebook

・instagram

 

このあたりのSNSで情報発信して、フォロワーを増やしていくイメージですね。

 

SNSで記事をシェアしたり、役立つツイートを繰り返していくことで、徐々にフォロワーが増えていきます。

 

フォロワーは即ち、固定読者という見方もできます。

うまく活用すれば、検索エンジンのアップデートに怯えることもなくなるというわけですね。

 

なので「SEO+SNS」という感覚で、ブログ運営を行っていきましょう。

 

2・You Tubeの動画からも集客する

 

2つ目はYou Tubeの動画からも集客すること。

ブログで発信する内容にもよりますが、You Tubeの動画から集客するなら、以下の通りですね。

「例:英会話スクール案件への誘導」

1・You Tubeで英会話の勉強法について解説

2・動画からおすすめの英会話スクールのまとめ記事に誘導

3・英会話スクールへの申し込みが入れば、アフィリエイト報酬が発生

 

動画の作成と耳にすると難しい印象を受けますが、簡単な動画なら

・動画編集用のソフト

・動画用のスライド

・スマホ

・マイク

 

などがあれば、比較的簡単に作れますよ。

僕もブログ関連の動画をいくつか作ってアップロードしていますが、そんなに難しくはなかったです。

 

ただ、話すのは苦手なので録音時に噛みまくるのが、ちょっと大変ですかね(苦笑

そのあたりは編集でどうとでもできるので、あとは慣れといったところでしょう。

 

動画からも集客できるようになると、集客口が広がるります。

ぜひ取り組んでみてください。

 

3・ロングテールキーワードから集客を狙う

 

3つ目はロングテールキーワードから集客を狙うこと。

 

企業系サイトが上位表示されやすくなっている昨今。

個人ブログが勝つためには、正面から勝負しない方が得策です。

 

個人ブログは、企業や会社が狙わないようなロングテールキーワードで地道にアクセスを集めていきましょう。

 

ロングテールキーワードとは、簡単に書くと「月間検索数が1,000以下の複合キーワード」のこと。

キーワードの一例を挙げると

「ブログ 時代遅れ」

「WordPress 時代遅れ」

「ブログ 稼ぐ オワコン」

 

と、こういった2語以上の複合キーワードを指します。

 

ロングテールキーワードを上手く活用すると、以下のメリットがあります。

・読者の検索意図を読み取りやすくなる

・検索意図を把握しやすくなるので、悩み解決の記事が書きやすくなる

・個人サイトでも上位表示を狙える

・ブログパワーが高まれば、ビッグワードで上位表示が取れる可能性もある

 

しっかりキーワード選定して、読者の悩みを解決する記事を書いていけば、上位表示もされやすくなります。

検索ボリューム数は下がってしまいますが、うまくすき間を狙うことで成果も狙いやすくなりますよ。

 

以下の記事でロングテールキーワードや検索ボリュームの調べ方について解説しています。

こちらもぜひ、参考にしてみてください。

 

⇒⇒⇒ロングテールキーワードの選定方法のコツとロングテールSEOの基礎知識

 

⇒⇒⇒キーワードプランナーで検索ボリュームの調べ方と使い方・初心者向けに解説

 

4・稼いでいる人のブログを観察して真似る

 

ブログの収益化を目指すなら、稼いでいる人のブログを観察して真似ていくのが効率的です。

 

その理由は明確で、実際に稼いでいる人のブログを分析して真似ていくことで、収益化の仕組みが徐々に見えてくるからですね。

 

試行錯誤しつつ自分の力でやっていきたいなら、それはそれで止めませんが・・

だいぶ遠回りになると思うので、あまりおすすめはしないです。

 

だいたい収益化に成功しているブログには、記事タイトルや記事構成の組み立て方。

集客や記事への動線など、一定の共通点があったりします。

 

一見するとランダムに見えても、じっくり観察していくと、どのように仕組みを作っているのか分かってくるんですね。

なので、まずは稼いでいる人のブログを観察して真似ていきましょう。

 

言うまでもありませんが、記事の内容を丸パクリするとか、絶対にやめてくださいね(苦笑

 

真似るのはあくまで、記事の構成や動線の流れなどの「型」の部分です。

そこはしっかり、意識するようにしましょう。

 

5・読者のことを第一に考えてブログを運営する

 

ブログの収益化を意識するなら、読者のことを第一に考えて運営することが大切。

 

具体的には

・読みやすい文章を心がける

・ブログの外見にも気を配る

・ブログの読み込み速度を早くして、ストレスを減らす

 

などが考えられます。

 

読みにくい文章や、どこに何があるのか分かりにくいブログのデザイン。

そして、記事の読み込み速度が遅かったりすると、ブログから離脱される原因になってしまいます。

 

なので、上記の3つはなるべく対策しておきたいところ。

 

読みやすい文章構成や記事の書き方は、以下の記事で詳しく解説しています。

こちら、参考にしてください。

⇒⇒⇒ブログ記事の文章構成の作り方と手順!初心者にも作りやすいパターンとは

 

⇒⇒⇒ブログ記事の書き方14のコツと8つの手順!初心者にも分かりやすく解説します

 

おすすめのテーマについては、以下の記事ですね。

こちらも、参考にどうぞ。

⇒⇒⇒WordPressのおすすめ有料テーマ4選!選び方のポイントを徹底解説

 

WordPressブログの表示速度の高速化については、以下の記事でまとめています。

ぜひチェックしていってください。

⇒⇒⇒WordPressの表示速度を高速化!初心者も簡単に出来る7つの対策

 

6・体験談に基づいたオリジナリティある記事を書く

 

Googleの定める品質の高い記事の要素に「独自性、オリジナリティ」を盛り込むことが挙げられます。

 

独自性やオリジナリティを組み込むのにおすすめなのが

「体験談」「過去に経験したこと」

などを書くことです。

 

自分が過去に体験したり経験したことは、他でもない自分にしか書けないことですよね。

 

例えば、僕はよく記事内で

・以前は会社員としてイラストレーター兼デザイナーとして働いていた

・しかし、会社がブラックなのと先輩との相性が悪く「うつ病」になって退職した

・退職後にブログで起業してフリーランスになる

・その後、1年間必死になって作業を頑張った結果、ブログの収益化に成功した

 

こういった、自分の過去の体験談について書いています。

過去の体験や経験談を織り交ぜて書いていくことで、他の人には書けない「独自性・オリジナリティ」が生まれていくんですね。

 

他にも自分が体験したことのデータや実績なども出せれば、それがあなた自身の独自性になります。

 

個人だからこそ取れる戦略もあるので、ぜひ体験談を盛り込むことを意識していきましょう。

 

今回のまとめです

というわけで今回はWordPressブログの収益化が時代遅れとされる理由と、今後もブログで稼ぐための対策について解説していきました。

 

改めて今回の内容おさらいすると、ブログが時代遅れ、オワコンとされる理由は以下の5つ。

1・検索エンジンの変動が増え、上位表示が難しくなったから

2・サイトの権威性が重要視されるようになったから

3・参入するライバルや企業が増えたから

4・有名ブロガーがYouTubeに移動しているから

5・他のビジネスをすすめるために、ブログを踏み台にしているから

 

今後もブログで稼ぐ対策は、以下の6つでしたね。

1・SEOに加えてSNSも活用する

2・You Tubeの動画からも集客する

3・ロングテールキーワードから集客を狙う

4・稼いでいる人のブログを観察して真似る

5・読者のことを第一に考えてブログを運営する

6・体験談に基づいたオリジナリティある記事を書く

 

今までのやり方をそのまま続けていたら、確かにブログで収益化するのは時代遅れでしょう。

しかし、今回の記事で解説したように傾向と対策を練って動いていけば、まだまだオワコンではありません。

 

行動する前に「ブログは時代遅れだしオワコンだよ」と言われて決心が揺らぐようなら、どのみちブログで収益化するのは難しいです。

 

やる前から諦めることは誰にでもできます。

しかし、ちょっとでも興味があるなら、今すぐにでもブログを始めて新しいことに挑戦していきましょう。

 

以下に行動促進用として、ブログの始め方のおすすめ記事を紹介しておきます。

こちら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

⇒⇒⇒WordPressブログのレンタルサーバーおすすめ5選・初心者向けに徹底比較して解説

 

⇒⇒⇒独自ドメイン取得におすすめのサービス会社4選・ブログ初心者向けに解説

 

⇒⇒⇒WordPressブログの始め方・初心者向けに超分かりやすく動画付きで解説

 

最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG