僕が今まで実践してきた集客ノウハウPDFを無料プレゼント中です(100ページ超え)詳細はこちらをクリックッ(準備中・・・)

読まれるブログにするための6つ解決策や読まれないブログの特徴や原因とは?

どうも~こんにちは、サケです。

 

このブログでは自分の好きなことを仕事にするための、ブログ集客法や活用ノウハウなどについて発信しています。

それで、好きなことを仕事にするためにはブログで集客して、なおかつブログの内容を読者さんに読んでもらわないといけません。

 

ブログを読んでもらわないことには、読者さんに

・あなたがどんな情報を発信しているか。

・あなたはどんな人なのか。

そのあたりの情報が伝わりませんからね。

 

しかし、せっかくブログで情報を発信していても

「ブログを書いたのに全然反応がない」

「記事を書いたのに全く読まれない・・」

こういう悩みを抱えている人が多かったりするんです。

 

今回はそういう悩みを抱えている人に向けて。

読まれるブログにするための6つの解決策と、読まれないブログの特徴や原因について解説していきます。

 

まず読まれないブログの特徴や原因とは?

この記事を読んでいるということは

・ブログを書いているのに、いまいち反応が薄い

・読まれている感じがしないから、改善したい

こういう悩みを抱えていると思うんですけど、どうしてブログが読まれていないのか。

 

その原因を把握しているでしょうか?

 

原因も何も分かっていない状態で闇雲に改善しようとしても、的はずれな行動になってしまうかもしれません。

だから、まずは読まれないブログの特徴や原因について知っておきましょう。

 

読まれないブログの特徴や原因は、まあ色々あるんですけど・・

主な原因はこちらの6点かなと思うんですね。

・読者さんにブログの存在を知られていない

・文章が読みにくい

・記事のタイトルで読みたいと思ってもらえない

・読者さんが求めている情報じゃない

・構成のレイアウトが見にくい

・ブログの読み込みが遅い

 

どうでしょうか?

 

まずはあなたのブログの現状を客観的に見つめ直して、これらの項目に当てはまっているかどうか。

チェックするところから始めてみましょう。

 

それで、1つでも思い当たる節があるなら、そこから改善していけばいいという事になります。

では、次の項目からこれらの原因を改善して、読まれるブログにするための解決策を説明していきますね。

 

読まれるブログにするための6つの解決策

ということで、読まれるブログにするための6つの解決策を紹介していきます。

 

1・まずはブログの存在を知ってもらう

2・読みやすい文章を心がける

3・魅力的な記事タイトルを付ける

4・読者さんの悩みを解決する記事を書く

5・見やすいレイアウトを意識する

6・ブログの高速化を試みる

 

はい、順番に見ていきましょう。

 

1・まずはブログの存在を知ってもらう

ひとまず読者さんに、ブログにの存在を知ってもらうこと。

ここをクリアしない事には、ブログの記事を読んでもらえませんよね。

 

ブログの存在を知ってもらうための手法としては、以下の4点になるかなと思います。

 

・検索エンジンからの検索流入

・SNSを活用して拡散する

・場合によっては無料ブログも活用

・WEB広告を活用する

 

他にもリアルの活動で名刺などにブログへのQRコードをプリントしておいて、そこからアクセスしてもらうという方法もあるでしょう。

ただ、今回はウェブ上での集客がメインとなるので、ネット上のツールを活用していく方法になります。

 

検索エンジンからの検索流入

まずは「Google」「Yahoo!」などの検索エンジンからアクセスを集めていく方法ですね。

ウェブマーケティングでは「自然検索流入(Organic Search)」とも呼ばれ、基本的にはこの検索エンジンからアクセスを集めていきます。

 

検索エンジンからアクセスを集めていく場合、大切になってくるのが「SEO対策(検索エンジン最適化)」

 

このSEO対策はものすごく簡単に書くと・・・

SEO対策をやっていくことでブログの評価が上がっていく。

そうすることで、検索結果でブログの記事が上位表示されやすくなる、というもの。

 

それぞれの記事が検索結果で上位表示されれば、それだけ読者さんの目に留まりやすくなるので、ブログを知ってもらえるというわけですね。

 

攻略できればたくさんの読者さんを集められるんですが、ネックになるのが「時間がかかる」という点。

SEO対策は集客していく上でとても大事なんですけど、やったからといってすぐにアクセスアップ出来るわけではありません。

 

ブログのパワーはなかなか簡単に上がりませんし。

そこからブログが評価されて、検索結果に反映されるのにもある程度の時間がかかります。

 

ですから、日々コツコツとSEO対策を実践して、質の良い記事を書いて投稿していく事が大事になってきます。

 

ブログのSEO対策関連の内容は、以下の記事でも解説しています。

ついでにチェックしてみてください。

⇒⇒⇒ドメインパワーを着実に上げる!SEO対策にもなる7つの方法

⇒⇒⇒内部リンクのSEO効果のある貼り方!アクセスアップに必要な内部リンクのコツ

⇒⇒⇒WordPressブログのSEO対策・初心者が行うべきポイント10選

 

SNSを活用して拡散する

今やSNSは、検索エンジンとほぼ利用率が変わらない状況になっています。

 

とある調査で若い人を対象に「最近検索でよく使うサービス」を調べてみたところ、以下のような結果が出たとのこと。

出典:LIDDELL株式会社/ECzine

 

・Google…33%

・Twitter…31%

・Instagram…24%

・Yahoo!…12%

 

なんと、Googleの検索エンジンとTwitterがほぼ変わらない数値。

そしてInstagramは、Yahoo!の約2倍の利用率となっています。

 

こうして見ていくと、今の若い人はSNSの情報を優先していることが分かりますね。

 

SNSを活用して集客していく場合、まずやりやすいのは「Twitter」「Facebook」などですね。

このあたりのツールを使って、記事を更新したことを通知していけばいいでしょう。

 

ただ、ある程度のフォロワー人数がいないと、投稿してもなかなか知ってもらうことが出来ません。

それぞれのSNSサービスで拡散できればいいですが、それぞれ並行してフォロワーを集めていくのはちょっと非効率的かなと思います。

作業も中途半端になってしまう可能性が高まりますからね。

 

まずはあなたのターゲットとなる見込み客となる読者さんは、どのSNSを活用しているのか?

そこをリサーチしてから、見込み客が多く存在するSNSを始めて、フォロワーを増やしていく。

 

そしてそっちでフォロワーを集めることが出来たら、次のSNSを育てていく。

SNSのアカウントは1つずつ育てていった方が、結果的に見ると効率的かなと思いますよ。

 

場合によっては無料ブログも活用

僕はブログで集客していくなら、断然有料のWordPressブログをおすすめしています。

それは長期的な目線で見ていくと、ブログパワーが無料ブログよりも上がって、アクセスを集めやすい状況になるからです。

 

ただ、WordPressブログは開設してから数ヶ月の期間は、とにかくアクセスが集まりません;;

そのため、メインブログの補助として無料ブログを活用するのは、ありかなと思います。

 

無料ブログの中でもおすすめなのは「Amebaブログ(アメーバブログ」ですかね。

 

無料ブログの中でもSNSに近い形態で、アメーバピグや読者登録などを使えば、ブログ同士で簡単に繋がってアクセスを伸ばすことが出来ます。

ある程度無料ブログで読者登録者数が集まったら、メインブログにアクセスを流す形でリンクを貼っておきましょう。

 

そうすれば、無料ブログ経由でメインブログの存在を知ってもらえますよ。

 

WEB広告を活用する

これは収益にある程度の余裕が出来てから検討すればいいかなと思いますが、WEB広告を活用する方法もありますね。

広告で有名なところといえば「グーグルアドワーズ(Google AdWords)」ですね。

 

ただ、広告を使えばブログの存在を拡散できますけど、それだけ広告代金がかかります。

ビジネスでの集客が出来ていない段階で広告を出すのは、どう考えても赤字になってしまいますよね。

 

広告を活用するのは、ある程度の収益がちゃんと出てから検討すればいいかなと思いますよ。

 

2・読みやすい文章を心がける

次に意識していきたいのが「読みやすい文章を心がける」という点。

情報収集している読者さんは、基本的にあんまり深く考えて情報収集していません。

 

そんな中でいきなり、ものすごい堅苦しい文章だったり、文字だけがびっしり詰まった記事が出てきたら、

「うわ、このブログの記事、読みにくいっ・・!!」

と拒否反応を起こして、すぐにブログを閉じてしまうと思うんですね。

 

読みやすい文章のポイントはいくつかありますが、以下のポイントは頭に入れておいた方がいいかなと思います。

・読みやすい文体であること

・難しい言葉を使わず、簡単に読めること

・PREP法を意識すること

 

ちなみに「PREP(プレップ)法」とは、主にビジネス文書で使われる技法ですが、ブログの記事にも使える手法ですね。

PREP(プレップ)法とは
次の頭文字をとってPREP法と呼ばれており、文章を書く上で有効な手法の1つとされています。

P:Point 文章の要点部分。結論を最初に書く

R:Reason 理由の説明部分。ベネフィット(利益)を示す

E:Example 理由やベネフィットの裏付け。具体例の説明

P:Point 最後にも結論。『だからこうなります』という結果

 

これを見ていくと、まずは先に「結論」を書いてしまうこと。

それから理由や体験談などの具体例。

そして最後に、まとめとして結論を書いていく。

 

この流れで書いていくと、文章全体が見やすくなりますし、読まれやすくなりますよ。

ブログの記事を書く時は、極力読みやすい記事を書ていきましょうってことですね。

 

読みやすい記事の書き方は、以下の記事で詳しく書いていますよ。

結構ボリュームがあるので、お時間がある時に是非チェックしてみてくださいね。

 

⇒⇒⇒ブログ記事の書き方14のコツと8つの手順!初心者にも分かりやすく解説します

 

3・魅力的な記事タイトルを付ける

次に魅力的なタイトルを付けるという点。

 

検索エンジンやSNSなどにまず表示されるのは「記事のタイトル」

だから、ブログの記事を懇切丁寧に書いても、記事のタイトルがいい加減だと、中身である記事を読んでもらえないんですね。

 

例えば、全ての人類にとってものすごく有益で、読むだけで誰もが幸せにハッピーになれる記事があるとしますよ。

すごい胡散臭いですが、まあそういう記事があるとします(苦笑

 

でもその記事のタイトルが

「今日あった嬉しい出来事の報告」

とかだったら、あなたはクリックしますか?

 

少なくとも、僕だったらクリックせずにそのままスルーしますね(苦笑

 

まあ、だからそういうことなんです。

読者さんが目にして「読みたい」と思ってもらう魅力的な記事タイトルをつけないと、そもそも読んでもらえないんですね。

 

それじゃあ、魅力的なタイトルとはどんなタイトルなのか?

それは、タイトルを目にして

・なんだか面白そう

・ちょっと気になる

・もっとそれについて詳しく知りたい

・自分にとって有益な情報がありそう

 

こういう感情が沸き起こった時、人は思わずクリックしたくなるものなんですね。

 

いくつか僕のブログの記事タイトルから、具体例を挙げてみるなら

「~選、ポイント」

・ブログのカテゴリー分けの決め方やコツ!アクセスアップのためのポイント

・ブログ初心者がやりがち!集客での失敗例9選と解決策について

 

「~とは」

・ブログ記事の文章構成の作り方と手順!初心者にも作りやすいパターンとは

 

「簡単」

・初心者でも超簡単!エックスサーバーにWordPressをインストールする手順

 

などなど、読者さんが目にして惹かれる表現を散りばめると、魅力的な記事タイトルを作りやすいですよ。

 

ブログの記事タイトルの決め方は、以下の記事で詳しく解説しています。

こちらもチェックしてみてください。

 

⇒⇒⇒ブログタイトルの決め方!アクセスアップに欠かせない7つのコツ

 

4・読者さんの悩みを解決する記事を書く

集客ブログで大切なのは、やはり読者さんの悩みを解決する「価値提供」を行うこと。

ここを疎かにしてしまうと、読者さんに記事の内容をなかなか読んでもらえなくなります。

 

読者さんの悩みを解決する・・

つまり、読者さんにとって役立つ記事を書くポイントは、次の3つですね。

・ターゲットは明確にする

・キーワード選定を意識する

・具体例を示してあげる

 

ターゲットは明確にする

まずはあなたのブログを訪れるターゲットはどんな人なのか?

そこを明確にしておく必要があります。

 

これはマーケティングでは「ペルソナ」と呼ばれるものですね。

 

「どこの誰に向けて書いた記事なのか?」

ここを意識して書かないと、誰にも反応されない記事になってしまうんです。

 

加えて、将来あなたの商品やサービスを利用する見込み客にもなるので、ペルソナを設定するのはとても重要です。

まずは次の項目を、埋めてみてはどうでしょうか。

1:名前

2:年齢

3:性別

4:住所

5:職業

6:家族構成

7:年収

8:どんなライフスタイルか

9:どんな考え方の傾向があるか(性格)

10:どんな行動の傾向があるか

11:どんなストレス&悩みを抱えているか

 

あなたの商品やサービスを利用する人はどんな人なのか?

日々どんなことを考えて生活しているか?

 

こういった事をしっかりイメージして、あたかも実際に存在するかのような人物像を設定していくのが理想です。

 

そして、あなたの設定したペルソナに向けて、手紙を書くイメージで記事を書いていく。

ここを実践していけば、読まれる文章を書きやすくなりますよ。

 

ペルソナの設定方法については、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

 

⇒⇒⇒ペルソナのおすすめ設定方法!過去の自分にするべき理由とメリットについて

 

キーワード選定を意識する

読者さんの悩みを解決していく記事を書くなら、キーワード選定も重要ですね。

 

まず、あなたのブログの「ターゲット(ペルソナ)」を設定したとします。

それで、あなたのブログを見に来てくれるターゲットは、どんな事で悩んでいるでしょうか?

 

この悩みの部分を、想像や憶測で書いてしまうのはNGです。

具体例にどんな事で悩んでいるのか、しっかりリサーチしていかないと、悩んでいる事が分かりませんからね。

 

その悩んでいる事を知るためにも「キーワード選定」の作業が大切になってきます。

・読者さんの悩んでいる事について調べてキーワードを選定。

・そのキーワードの検索ボリュームを調べて、検索需要があるかどうかチェック。

・需要があれば、記事タイトルや構成にキーワードを入れていく。

・読者さんの悩みを解決する記事を書いていく。

 

キーワード選定の作業をしっかり行うと、読者さんがどんな事で悩んでいるのか分かります。

だから読者さんの悩みを解決する記事を書きやすくなるんですね。

ここは重要なので、しっかり意識していきましょう。

 

キーワード選定に使えるツールなどは、以下の記事で紹介していますよ。

⇒⇒⇒検索ボリュームの調べ方!簡単に使えるUbersuggestの使い方を紹介

⇒⇒⇒関連キーワード取得ツールの効果的な使い方!初心者に分かりやすく解説

 

具体例を示してあげる

あとノウハウ系の記事や、ちょっと分かりにくい内容を説明する場合。

具体例を示してあげるといいですね。

 

具体例を示すことで、読者さんがイメージしやすくなりますし。

理解が深まれば、そこから行動を起こしやすくもなります。

 

具体例を示す場合は、自分の体験談などと絡めて書くと、書きやすいかなと思います。

なにせ自分で経験したことですから、より具体的に書けるんじゃないかなと。

 

記事のオリジナリティもアップするので、一石二鳥と言えるでしょう。

 

5・見やすいレイアウトを意識する

あとは見やすいレイアウトを意識するのも、大切なポイントですね。

 

ひとまず、すぐに改善出来そうな3つのポイントを挙げておきます。

・1記事で色を使いすぎない

・適度に改行する

・見出しを適切に活用する

 

1記事で色を使いすぎない

1記事で色を何色も使うのはやめておきましょう。

黒色一色の記事も味気ないですけど、色を使いすぎると一気に読みにくい記事になってしまいます。

 

例えば、こちらは僕のとある記事の一文を抜粋したものですが・・・

記事を書くのが遅いという人の場合、構成をろくに作らずに記事を書き始めていないでしょうか。

記事の構成は言ってしまえば船や家などの「設計図」のようなもの。

ここをすっ飛ばして記事を書こうとしても、設計図もなしに船や家を作ろうとすれば、欠陥だらけの船や家が出来上がってしまいます。

どうでしょうか?

 

たった3行なのにこんなに色を使っては、何が重要なのか分かりませんよね。

加えて単純に目がチカチカするので、色を使いすぎるのはおすすめしないです。

 

色はせいぜい使っても1色のみ。

 

僕はだいたい強調したい部分には「赤色」を使うようにしています。

たまに「青色」を使うこともありますが、基本的には「赤色」だけですね。

 

適度に改行する

文章を書く時は適度に改行することも忘れないでください。

 

例えば・・・

ブログの書き方を考えるなら、文字のレイアウトもある程度意識しておきたいところ。初めてブログを訪れた読者さんは、ブログ全体の印象をひと目見て、読み進めるかどうか決めています。そして、読み進めている途中でも飽きてきたり、なんだか読みにくいと感じられたら離脱してしまうんですね。だから、ストレスを感じにくい文字のレイアウトを意識することで、離脱率を減らすことができます

改行もせず、ここまで文章が詰まっていると、ものすごい読みにくいですよね。

 

この文章を適度に改行していくと・・・

ブログの書き方を考えるなら、文字のレイアウトもある程度意識しておきたいところ。

初めてブログを訪れた読者さんは、ブログ全体の印象をひと目見て、読み進めるかどうか決めています。

 

そして、読み進めている途中でも飽きてきたり、なんだか読みにくいと感じられたら離脱してしまうんですね。

だから、ストレスを感じにくい文字のレイアウトを意識することで、離脱率を減らすことができます。

 

はい、だいぶ読みやすくなったんじゃないでしょうか。

適度に改行を入れないと、文章が固まりすぎて読みにくくなります。

 

なので、文章のまとまりは4行以内に収めること。

適度に改行をいれることを意識していきましょう。

 

見出しを適切に活用する

見出しとは記事の途中に出てくるこの部分ですね。

 

この見出しを適切に付けていくと、記事全体にメリハリがついて一気に読みやすくなります。

 

更にSEO的にも検索エンジンから評価されやすくなり、適切に設置していくことでブログの評価アップの効果が期待できます。

記事が読みやすくなるだけでなく、アクセスアップの効果も狙えるので、見出しは適切に活用していきましょう。

 

見出しの付け方と、記事の構成の作り方への記事を紹介しておきます。

こちらも是非チェックしてくださいね。

 

⇒⇒⇒ワードプレスブログの見出しタグの付け方と使い方!初心者にも分かりやすく解説

 

⇒⇒⇒ブログ記事の文章構成の作り方と手順!初心者にも作りやすいパターンとは

 

6・ブログの高速化を試みる

あとはブログの高速化ですね。

読まれるブログにするためには、ブログの高速化も意識しておきたいところ。

 

Googleの調査発表によると

表示速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上昇

表示速度が1秒から5秒に落ちると、直帰率は90%上昇

表示速度が1秒から6秒に落ちると、直帰率は106%上昇

表示速度が1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上昇

表示速度が1秒から10秒に落ちると、直帰率は123%上昇

ページの要素(テキストやタイトル、画像など)の数が400個から600個に増えると、コンバージョン率は95%下がる

 

このように表示速度が1秒から5秒に伸びただけで、90%近くがブログから離脱してしまうんですね。

 

せっかく内容の良い記事でも、ブログが重くて読者さんが読んでくれないとなっては、すごいもったいないです。

将来のお客さんになるかもしれない読者さんを、みすみす逃しているという事にもなります。

 

だから、ブログの表示速度は早めに改善していきましょう。

 

こちらWordPressブログの高速化についてまとめています。

是非チェックしてみてください。

 

⇒⇒⇒WordPressの表示速度を高速化!初心者も簡単に出来る7つの対策

 

今回のまとめです

はい、ということで今回は読まれるブログにするための6つの解決策と、読まれないブログとの違いについて見ていきました。

 

改めておさらいしますと

1・まずはブログの存在を知ってもらう

2・読みやすい文章を心がける

3・魅力的な記事タイトルを付ける

4・読者さんの悩みを解決する記事を書く

5・見やすいレイアウトを意識する

6・ブログの高速化を試みる

という内容でしたね。

 

以上の点を実践していくだけでも、読まれないブログから、読まれるブログに改善していけるはずです。

読まれるブログにしていくのは、なかなか一筋縄ではいきません。

 

でも1つ1つ改善していけば、読者さんに読まれて、なおかつ感謝されるブログを作っていけます。

1つずつで大丈夫ですので、是非取り組んでみてくださいね。

 

では、また次回お会いしましょう。

最新情報をチェックしよう!
>フッターCTA

フッターCTA

無料メール講座設定予定

CTR IMG